メイおばさんの料理帖

「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽しくお届けします。

赤いきつねの贅沢

2017-07-12 11:33:23 | ライフスタイル

家族のためにせっせと作るお料理も

お客様のために一生懸命作るお料理も

 

気心知れたレストランでのお食事も

ちょっと背筋を伸ばしたレストランでのお食事も

どれもみんないいですけれど

 

基本は同じ。

上手にできた時は嬉しいし

美味しいものを食べられた時は嬉しいし

美味しい店に出会えた時は嬉しいもの。

大好きな人たちと食べる食事も嬉しいもの。

 

二人でも

大勢でワイワイでも

ちょっと緊張したビジネスランチ(ディナー)でも

心温まる友達ランチ(ディナー)でも

笑顔がいっぱいのファミリーランチ(ディナー)でも。

 

実はメイおばさん

ひとりこっそりと

こんな風にランチを楽しむのも大好きです。

 

自分の部屋で窓の外を見ながら

大切に保管していた貴重品のこれをいただきます。

 

もういいかな、もう開けていいかな。

そわそわ、そわそわ。

 

シアトルでは「ダイソー」で「赤いきつね」も「緑のたぬき」も

2ドル50セントで手に入ります。

 

東京生活ではまず食べたくなることもないのに

なぜか突然海外に出ると食べたくなるのはなぜでしょう(笑)。

 

蓋を開けてお湯を注いで

 また蓋をかぶせて

iPadでタイマーをかけて

もういい、まだ? そろそろ大丈夫? と、ドキドキそわそわ。

 

できたーっ!

ゆっくり蓋を開け

 

添付の唐辛子をパラパラと。

 

せめてビタミン補給にと

何種類もの果物をミキサーにかけて作ったスムージーを

隣りに添えます。

 

 

赤いきつねと果物たっぷりスムージーなんて

かなり珍しい組み合わせだとは思いますけれど(笑)。

 

iPadのタイマーが鳴ったなら

いそいそとデスクの椅子の向きを変え

こうして一人厳粛に、摩天楼と海を見ながらいただくのです。

何という贅沢な時間でしょう(笑)!!

 

思えば窓の手前のこの突出し

まさにこのためにあるようなものじゃないですか。

 

かたやここワシントンDCでは

「きつね」も「たぬき」もなかなか見つけることができませんし

運よく見つけたところで

シアトルのようなちょうどよいセッティングがあるわけでもありません。

 

かくしてメイおばさんにとっては

赤いきつねも緑のたぬきも

東京でもなくワシントンでもなく

今ややっぱりシアトルなのです(笑)。

 

 

読んでくださってありがとうございました。

良い一日をお過ごしくださいね。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色とりどりのMOCHIですが、、、 | トップ | 昨日の「Dinner from,,,,,,,] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む