メイおばさんの料理帖

「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽しくお届けします。

その2 ワッシャーのお助けスープ

2017-01-03 14:49:57 | レシピ

お助けワッシャーが

メイおばさんが籠城しても困らないように

100個も作ってくれた餃子については

昨日お話ししましたが

 

今日は

これもまたありがたくて、涙がにじみ出るようなスープについてお話します。

 

「メイさん、一番大きな鍋はどれですか?」

 

と言ってワッシャーが始めたのは

鶏をまるまる一羽と生姜のぶつ切り

そして山のような干し椎茸を

水を張った鍋に放り込むこと。

 

そして気長にぐつぐつと煮込んだら

化学調味料も出来合いのブイヨンも全くなしで

すばらしい「うまみ」のスープストックができました。

 

「メイさん、これ日持ちしますから

 適度に水を加えながら使ってくださいね。」

 

見た目は何とも地味ですが

ワッシャーの優しさがギュッと濃縮されています。

 

メイおばさん、今日は片腕で、お昼にはスープを

 

お夕飯には残りご飯と溶き玉子を入れて

簡単なお雑炊を作りました。

 

贅沢でも、お御馳走でもありませんが

心もからだもほっこりと

温まりましたよ。

メイおじさんも喜んでくれましたよ。

 

ありがとう、ワッシャー。

窓ガラスに映っていた、あなたの働く姿は

メイおばさん、一生忘れませんからね。

 

読んでくださってありがとうございました。

ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。

       ↓

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワッシャーのお助け餃子 | トップ | ソールフードの夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レシピ」カテゴリの最新記事