メイおばさんの料理帖

「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽しくお届けします。

人参のゆくえ~キャロットタルタル

2017-08-14 00:47:17 | レシピ

メイおじさん&メイおばさんと同じように

移動生活のデルとジーン。

 

夏になると灼熱のアラバマからシアトルに逃げてきます。

つまりここが彼らの避暑地。

 

とはいえ、二人ともれっきとした大学の先生ですから

今週から授業が始まるとあらばアラバマ(笑)

へと戻って行かねばなりません。

 

前日にいらした我が家のティータイムに

 「ねえ、メイ、これ良かったら使ってくれない?」

 と、どさっと人参と玉ねぎとガーリックを持ってきました。

 

わかる、わかる、わかります。

移動生活には気分転換も醍醐味もあれば

冷蔵庫の中の生ものを全部処分しなければならないという

なかなか大変な仕事もあるのです(笑)。

 

さてさて、紫玉ねぎとガーリックはともかく

袋にいっぱい入ったこの人参

いったいどう使いましょう。

 

頭を一生懸命めぐらせて

まずはてっとり早く「シリシリ」を。

 

次に、ちょっと手をかけて作ってみたのが昨日のこれでした。

メイおばさん、初めてのチャレンジでしたけれど、うん、合格!

見た目がかわいい、味もなかなか

しかもけっこう簡単という三拍子。

 

見つけたのはこの本のこのページ。

いつものメイおばさん流に手抜きできるところは手を抜きましたよ(笑)。

 

出来上がりは本の写真よりもだいぶ「しどけない」のですが

まあ、楽しく作れましたし

メイおじさんにも喜んで食べてもらえましたから

良しとしましょうか(笑)。

 

この「Carrot Tartare」(人参のタルタル)なるもののレシピを載せておきますね。

気が向いたら楽しく作ってみてください。

昨晩のメイおばさんのようにね。

 

1) ボールに卵黄1個、ディジョンマスタード大匙2杯、刻んだアンチョビ4枚(数え方って4でいいの?要するに平べったい缶の中に平べったく入っている例のアンチョビを細かく刻むわけ)、シャロット1個(玉ねぎの小さいようなもの、けれどもペコロスよりは大きいの。玉ねぎで代用してもいいと思います。その場合は8分の1個ぐらいかしら、)、ケイパーをざくざく小さく切って大匙1杯、ピクルスもざくざく切って大匙1杯。

2) 全部混ぜたところに、レモンの絞り汁大匙1杯とオリーブオイル大匙2杯、ウスターソース大匙半杯を加えてまた混ぜます。

3) ここにザクザク小さく切った人参2~3本分を加えて、あとは塩と胡椒とオリーブオイルでお好きな感じに味付けするだけ。

4) さてさて人参の部分が仕上がったら、次はアボカドの部分です。

アボカド2個を四角く切って(大きすぎず、小さすぎず)、塩&胡椒で味をつけ、色が変わるのを防ぐためにレモンの絞り汁をまわしかけておきます。

5) さてフィニッシュは、、、、、、

お皿に4のアボカドを丸く敷いて(型があればサイコ―!)、フォークで軽く押しながら形を整え、3の人参を載せます。

トップを緑の葉っぱで飾ればもっと素敵!

 

「人参タルタル」気が向いたら楽しく作ってみてくださいな。

昨日のメイおばさんのように適当に手抜きをしながらね(笑)。

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓
       ↓

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またもやびっくりグミに@シ... | トップ | なんていう日本文化の美しさ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レシピ」カテゴリの最新記事