メイおばさんの料理帖

「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽しくお届けします。

市場はやっぱり面白い!

2017-12-28 23:00:00 | アメリカ

シアトルならば

アメリカで一番古い公設市場の「Pike Place Market」 (パイクプレースマーケット)

 

メイおばさんの家からは坂を下りた突き当り。

歩いて行けますからひんぱんに出没しています。

別に何を買うわけでなくとも

ただウロウロしているだけで楽しいのです。

 

東京ならば

もちろん築地市場。

ここもまた活気に満ちていて、歩いているうちに元気になります。

 

行ってきましたよ。

朝10時に都営大江戸線の築地市場駅A1出口で待ち合わせて

仲良し友が5名で、あっちへこっちへとお正月のお買い物。

 

年末を控えて

いつもよりもずっと混みあって

いつもよりずっと活気に満ちているようで

人の間を縫って歩きながら

次第に心に羽が生えていきます。          

 

本日のメイおばさんの築地フォトツアー

ちょっとお付き合いいただいていいですか?

                                                                                           

市場好きのメイおばさん

どこの国の、どこの町に行っても

まずは市場に顔を出すという、自称「市場おたく」です(笑)。

 

読んでくださってありがとうございました。

ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。

       ↓

       ↓

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーライムパイの思い出

2016-08-07 11:46:49 | アメリカ
「Cheesecake Factory」という店の歴史と思い出については
7月23日のブログで書かせていただきましたけれど

とうとう夫をデビューさせました。
いい年をして、これまで一度も入ったことがないなんて
チーズケーキの店なんてきっと女子供ばかりとでも
思っていたのに違いありません(笑)。


一歩中に入ればなかなか大人の雰囲気で
お食事メニューだって
どれにしようか迷ってしまうぐらいにバラエティー豊かです。

フラットブレッドをビールで軽くいただけば


「メイ、向こうにケイティーがいるよ。
 帰りがけに挨拶に行こう。」

そんな余裕も出て来た夫
ケイティーとは仲良しの美人弁護士。
その向かいに座る二人の紳士も彼女の素敵な弁護士仲間。

なるほどビジネスランチもするほどに大人の店なのかと
リラックスしてきた誰かさん

「なかなかいい店だね。チーズケーキも買って帰ろう!」
ですって(笑)。

そして、こんなにたくさんある中から二人で選んだのは


なぜか二つとも「キーライム」

「キーライム チーズケーキ」と「キーライム マンゴー チーズケーキ」です。


ライムの緑色をしていて
ライムよりもずっと小さなキーライムは
長い間メイおばさんの憧れでした。
今でもキーライムという言葉を聞くと胸がちょっとキュンとするぐらい。

その昔、文学少女だったメイおばさんは
マイアミから紺碧の海のまん真ん中にかかるセブンマイルズブリッジを走るバスに乗って
フロリダキーズと呼ばれる島々をどんどん抜けて
アメリカ本土最南端のキーウエストに行きました。


大好きなヘミングウェイゆかりのその地が
「キーライムパイ」で有名な島だったからです。

ブラブラ歩いて、お上りさんらしくヘミングウェイが住んでいた家や
彼がお気に入りだった店など訪ね
キーライムパイをたくさん食べて帰って来ました。

さてさて、ついつい買ってきたのはいいものの
それでもやっぱり大きすぎます。


アメリカのケーキにしては控えめな甘さとはいえ
それでもやっぱり甘すぎます。


そして高すぎます。
たしか二つ買って日本円にして1600円ぐらいだったかしら。


それなのに
今度はチェリー、それとも塩キャラメル?
などとついつい考えてしまうのはなぜかしら。

読んでくださってありがとうございます。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
どうぞ良い一日を!
       ↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝統的な日本人の食生活が、、、

2016-04-11 02:25:56 | アメリカ
「伝統的な日本人の食生活とは?
そう、野菜と果物、大豆製品をたくさん食べ、肉よりは魚、、、
そんな食生活が長寿に繋がることの研究結果が新たに発表されました。」

これは3月29日の「ワシントンポスト紙」の
「A Japanese diet and living longer」(日本式食生活と長寿)
と題する見出しの記事です。


何も今さら言われていることでもなく
すでに40年以上も前に
ミネソタ大学アンセル・キーズ博士のチームが
日本を含む7か国の男たちの食生活と健康、そして寿命の関係を
長きにわたって追跡調査した通称「7か国調査」の結果でも
明らかにされていることなのですが

まあ、続けて記事を読んでみましょうか。

「日本型食習慣を取り入れている人たちのこの15年間で脳卒中で亡くなる率は、そうではない人たちより22%も低かった。日本人の平均寿命が世界中で一番長いのも食生活によるものだろう。」

この記事に添付されたイメージ写真がこれ。
大葉らしき葉っぱの上に、海老を載せた白米がくるりと海苔でまかれています。
それを刺す様にこちら側から箸らしきものがニョキッ、いえグサッと伸びています(笑)。


日本食人気はここシアトルでも衰える兆しもありません。
NOBUこと松久信幸さんのロサンゼルス店での5年にわたる経験をいかして
西野達也さんが20年前に開店した日本レストラン「西野」などは
そうした日本食人気のトップに君臨する店のひとつでしょうか。


私たちがシアトルに住み始めた時に
アメリカ人夫妻が歓迎ディナーをしてくれたのもここ「西野」でした。


歩いても行ける所にありますから
以来時々行くようになりましたが
予約をしなければ無理なほどにいつでもいっぱい。


しかもその大半が日本人とは見えない人たち。
聞こえてくるのも英語ばかり。
けっこうなお値段なのですが。

脳卒中ばかりでなく
肥満と言う大きな問題を抱えているこの国では
今後ますます日本食&日本レストランが人気を集めそうです。

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓
       ↓ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加