中村涼子は少女漫画っ子。

初めて買ってもらった少女漫画は、あさりちゃんでした。
毎日毎日漫画ばかり読んでいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『さよならソルシエ』鳥肌フル立ち芸術漫画。

2015-12-07 17:05:38 | 少女漫画・小学館
週に一度少女マンガ倶楽部なるネット配信を行っておりその中で一冊は毎回オススメの少女漫画を紹介しております。
そして毎日毎日少女漫画をウキウキ読んでいて、
面白い本は面白い本を必ず呼んでくれるものですから、
オススメしたい漫画は溜まっていく一方。


いつの間にか季節は冬に差し掛かっております。

ですが、塞き止められていた先月分の漫画熱を受け継ぎ、ぜひ秋に読んでいただきたい漫画を本日ご紹介させていただきます。



秋といえばなんですか?
食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、そして芸術の秋・・・


最も日常的に触れる機会が少ないからこそ、この季節だけでも芸術に触れたいですよね。




今回の漫画はコチラです。






さよならソルシエ
穂積
全2巻

こちらは、先日月刊フラワーズにて「うせもの宿」を完結させたの鬼才・天才・果たして何者なのか・・・作家・穂積先生の作品です。
ちなみに「うせもの宿」完結巻の3巻は3日後12月10日に発売されるようです。私は浮足立っています。



この作品は「うせもの宿」の、1作前の作品です。
穂積先生は、
処女作「式の前日」1巻オムニバス
「さよならソルシエ」2巻完結
「うせもの宿」3巻完結

と、現在6冊の本を世に刊行しておりますが、
初の作品集「式の前日」から、このマンガがすごい!大賞の2013年オンナ編で見事2位に輝き、
翌年2014年度のオンナ編では「さよならソルシエ」で1位に輝くといいう
とんでもねえ新人として旋風を起こし続けている天才です。




さて、この「さよならソルシエ」ですが、
先にお伝えしとくと、恋愛的要素はひとつもありません。

誰かを好きになって、何か障害を乗り越えていくといった既成の少女漫画の流れは一切組んでいません。


この作品の中に描かれているものは、
絵画に魅了された人々の生き死です。
そして、そこに翻弄されながらも真実とは何かを訴えてくる兄弟の愛です。



さて内容なんですが、


画家のゴッホをご存知ですよね。
フィンセント・ファン・ゴッホ。
彼は今でこそ、こんなにもたくさんの作品を残し、炎の画家として世界的に有名ですが、生前1枚しか作品は売れなかったらしいです。
なぜ、そんな画家が死して名を残すようになったのか・・・

今回のこの作品は、
史実には残っていない、こんなこと実際にあったのかもしれないと思わされる穂積先生が描いた、
炎の天才画家・ゴッホが誕生するに至るまでの話です。



分類でいうと、秦の始皇帝誕生までを描いた「キングダム」や、徳川家光以降将軍は女性だったのではを描いた「大奥」などが一緒でしょうか。


こういったスーパー面白史実漫画は、
実際に史実に残っている部分は受け継ぎ、史実では描かれていない空白の時間を切って拡げていくので、
本当はこうだったんじゃないか、
実際にこれが全ての事実なんじゃないか、
と思わせてくれる何重にも興味を惹かれる作品になっています。



まず、こちら、ゴッホの話はもちろんなんですが、物語全体が、二人のゴッホの話で進んでいきます。
二人のゴッホ、一人はもちろん、天才画家フィンセント・ファン・ゴッホ。
ただ彼は、作中、現代に伝わっているような、孤独で狂気に満ちた作家とは程遠い、絵を描くことが大好きなただの穏やかな青年。

そしてもう一人のゴッホというのが、そのフィンセントの弟に当たるテオドルス・ファン・ゴッホ、通称テオ。
天才画商と名されている彼は、この時代の芸術に変革をもたらしていきます。

また兄の才能を100年愛される画家になれると確信し、
兄を慕う一方で、欲もなく世の中に自分の才能を広める気のない兄に対し愛憎入り混じる複雑な感情を抱いています。



テオの視点から、兄フィンセントが今私たちが知りうるゴッホになるまでを描いていくのですが、
この2巻のあいだでもう永久的に鳥肌、立ちっぱなしです。


史実のここに繋がるんだーで鳥肌。
テオの確固たる物言いに鳥肌。
作中の登場人物たちの熱さに鳥肌。
作者の発想力に鳥肌。



最後の最後まで魅了されっぱなしの作品となっております。



みなさん、 一度は見たことがありませんか?
ゴッホの自画像を。
その自画像のなかには、実はそれはゴッホ自身の自画像ではないんじゃないかと言われているものもあります。
もう一度表紙を見てみましょう。果たして、あの自画像は誰の自画像だったのか・・・



読書の秋であり、芸術の秋に!是非読んでほしい珠玉の一冊です。




人は悲しさ、であったり、嬉しさであったり、心が大きく動いた時に涙が出てきます。
この、さよならソルシエで流れてくる涙は一体どの感情が起こした涙であったのか。
是非みなさま多種多様な感情に襲われてください。
圧巻される想像力のなかにある、繊細な表現による心の描写、是非体感してください。


私にとっては1冊2000円しても買いたい、出会わせてくれたことに感謝と敬服の一冊です。






さて更新をしていないあいだに、閲覧数が飛躍的に上がっていました。
今後ともどうかよろしくお願い致します!
1500!



少々の少女マンガ紹介と、日常、告知等のブログ
中村涼子『THE挑戦。』→http://ameblo.jp/haramikarubi

ほぼ毎週月曜22:00ごろから SHOWROOMにて
『別冊・少女マンガ倶楽部』
紹介youtube→別冊・少女マンガ倶楽部ページ



Twitterもやっています!


にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へにほんブログ村


にほんブログ村 お笑いブログ お笑い芸人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『お父さん、チビがいなくなりました』想いを言葉に。

2015-10-14 12:14:18 | 少女漫画・小学館
小学生の頃、新潟に住んでいたと前述のブログにも書きましたが、
小学校3年生から4年生のあいだの2年間、我が家には様々な野良猫が居ついていました。


その数、時期をズラして計3匹。

まあまあな住宅街でしたが、なぜか毎年のように様々な猫が我が家の敷居をヨヨイノヨイ。



野良猫様とは、気まぐれなもので、我が家に招き入れ家猫同然に飼っていたものの、外に遊びに行ったままに二度と帰ってこなくなることが度々。

ただ去る前に、毎回置き土産をして行ってくれる。



1匹目のドラは、大量のノミを。

2匹目のチョコは、大量のふふんが糞を。




全くもって無知識極まりなく家に入れてしまっていたものだから、散散たる有様になっていました。



それでも、少し空けて再度やってくる新規猫。


3匹目のその子にはチャチャと名前は付けたものの、野良猫家あげ計画に懲りている我が家は、外猫として見守り始めることにしました。


外ですので、我が家だけでなく、近所ぐるみで可愛がられ始めるチャチャ。

春過ぎに我が家の軒下にやってきて、ご飯あげて、遊んでと日々を過ごし、気が付けば季節は秋終わりかけ。


新潟の冬は、とんでもなく寒い。

そこで、みんなで話し合い、もう一度、チャチャに正式に家猫になってもらうことにしました。


前二匹のおかげで、まずチャチャを病院などで綺麗に綺麗にしてもらうことも決定。
やっと付いてきた飼うための知識。


よーし!チャチャは長いこと我が家にいてもらうんだ!!なんて家族でウキウキお出かけ。
こんな首輪いいんじゃないかな、なんてお買い物して家に帰ってきたら、


チャチャは、帰らぬ子になっていました。

近所の方の車に誤ってひかれてしまったそうです。



そこから我が家に猫が訪れることは、二度と無くなりました。






今回の漫画は、愛猫がいなくなってしまったことで話はくるくる進んでいきます。


私たちは、なぜ何十年も夫婦でいたんだろう




お父さん、チビがいなくなりました
西炯子

2015年9月15日発売 一巻完結



小・中学生向けの少女漫画誌から、大人の少女漫画誌まで幅広く連載を続ける西炯子先生の珠玉の一冊です。
西炯子先生は現在、『カツカレーの日』を月間フラワーズにて連載中。
また『姉の結婚』や、映画化で話題になった『娚の一生』などの化物作品を生み出している作者さんです。




この話で描かれているのは、とある結婚した夫婦のお話。



二人の出会いは駅の売店。
マドンナ的女性と二人で働いていた有喜子。
サラリーマン山崎は、毎朝あんぱんと牛乳を買いに来るもユキコの列には並ばず絶対志津子の列に並び、常に眉間にはシワが寄っている。
その人にただただ有喜子は片思い。
ある日有喜子に来たお見合いがあると言われ写真を見たら想い人・山崎!
お見合いにきた山崎はそのときも仏頂面・・・そのまま結婚に至る。



そしてその44年後が今回のステージ。



3人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦二人で過ごす結婚44年目の、菜穂子(37歳)の父と母。ほのぼのとした母と、母の前では無口な父、平穏無事に過ごしているかと思いきや、突然母が、離婚すると言い出した!そのタイミングで13年飼っている飼い猫のチビが家に帰ってこなくなり・・・
(中村pedia)




離婚の旨を娘に漏らしたものの、いなくなったチビの捜索に翻弄され、父には直接伝えていない母。
しかし、チビに対する父の態度でより、すれ違っていく夫婦の想い。



この二人は、「おーーい」の一言で、タオルがないのか、パンツがないのかを判別できるくらいの仲。
はたから見れば、二人の間でわからないことなんてないんだなーと思っているが、

母からしたら、お父さんは私のことに何も関心がない
未だに、美人の売店の女志津子さんのこと好きだったんじゃないかと思っている様子


男女間に年齢なんて関係ないんだ!




母が離婚したいだけで、父は母のことを好きなんだよね?・・・と読み進めて行くと、


父が他の女性と会っている描写や、
仏頂面、仏頂面と思っていたが、それは母に対してだけ!他の人とは和気あいあい、とわかってしまう・・・


あれあれ?父なんか隠してない?と読者ハラハラ。


ねえ、なんで父は母に冷たいのよ・・・ううう



そして、チビはどうしていなくなったのか、帰ってくるのか・・・





この漫画は、二人の重ねてきた年月の愛おしさで溢れています。



ラストシーンは、涙腺崩壊すること間違い無し。

私はマクドナルドで一人読んでいたとき、思わず涙が流れてしまい、一生懸命エロいことを考えてどうにか受け流そうとしました。
まあ、無理でした。


1冊にひとつも無駄なところがありません。



温かい愛をどうか感じて噛み締めて。



ちなみにこの漫画は娘の菜穂子の視点で描かれており、父母の話7割、菜穂子の日常の話3割で話は進んで行きます。

父と母を心配する娘、菜穂子。
菜穂子は菜穂子で、彼氏に振られ、失礼な年下の部下に執拗に絡まれる、
という、西炯子先生作品らしい、こじらせた女性と年の差のある男性の恋模様も是非ご注目ください!!




先日家への帰り道、1匹の猫が足にすり寄ってきてそのまま家まで一緒に帰りました。
そしてその猫はどこか草むらに入ってきました。

送ってくれてありがとう。





少々の少女マンガ紹介と、日常、告知等のブログ
中村涼子『THE挑戦。』→http://ameblo.jp/haramikarubi

ほぼ毎週月曜22:00ごろから SHOWROOMにて
『別冊・少女マンガ倶楽部』
紹介youtube→別冊・少女マンガ倶楽部ページ



Twitterもやっています!


にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へにほんブログ村


にほんブログ村 お笑いブログ お笑い芸人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『魔法自家発電』このマンガすごいweb10月度1位

2015-09-26 10:38:19 | 少女漫画・小学館
私がかっこいいと思う人を、人はかっこよくないと言い

私が綺麗だと思うものを、人は汚いと言い

私が視界にすら入れていなかったものを、人は愛するものだと言う




他人の身体に私が入ったら世界はどのように見えるのだろう


もしかしたら私が赤と思っていた色は、
他の身体を通すと、全く異なる色彩を帯びているのかもしれない。

目の作りと問題、とかではなくて認識の、ものの受け取り方が違うと、世界は違って見えるのかな
見えている世界はどのくらい違うのだろう



それとも
私が私であり続ける限り、
他の人の体、頭、目になったとしても
私が見る世界は変わらないのだろうか







今回触れさせていただく漫画の登場人物は、世界を一変させられる魔法をかけられちゃいますよ




ケモノの僕と天使なキミが同じ世界にいる奇跡。




『魔法自家発電』
作者 谷和野
掲載誌 月刊フラワーズ 一巻完結
2015年8月15日発売



周囲も全員ケモノ、その中でも最も自分が醜いケモノに見えている「僕」。
そんな中電車で、唯一天使に見える女の子に出会う。

「僕」はなぜ人間がケモノに見えるのか、「僕」は自分のことを人間に思える日は来るのか。


「魔法自家発電」を含めた、日常にひそむ不思議なファンタジーを独自の視点で描く作品、全5作品の読み切りを収録。
(中村pedia)



こちら短編集でございます。

「魔法自家発電」はこの単行本の1番最初に載っている作品です。

あとは異なる作品が4作品載っています。




先日本屋さんでこの『魔法自家発電』の中の「魔法自家発電」30ページ分だけ、試し読みできる状態になってまして、チラリと拝見。

初めて出会う作者さんだな、なんて思って読んだら、もうその面白さに即単行本をお買い上げ。

あとのタイトルになっていない4作品はどうなのよ、なんて家帰って読んだら、ひけを取らないその面白さに、自己のネット放送でも即紹介。
(これ→第三弾

そしてこの度、10月期の「このマンガがすごい!web」オンナ編で見事1位に輝いたことを知り、
オメデトウゴザイマス!オメデトウゴザイマス!オメデトウゴザイマス!
再度興奮収まらず、こちらの場でまたもや紹介するという経緯( ´ ▽ ` )





本当、この読み切り作品たちって、
1作品1作品、谷先生の頭の中が惜しみなく披露されてるんですよね。

もったいがらずに、出し惜しみなく。

私にはショートショート小説の神様星新一を彷彿とさせましたよ、

小手先の技術とかじゃ到底読者には想像させられない、
これを描いている人は、世界がこういう風に見えてるんだろうな、
もっとあなたの頭の中を見せて、見せて、
ってなっちゃう

不思議体験。

それでいて心地いい。
あったかーい気持ちになる。




それは全てに渡っていて、
他の読み切り作品もいろんな目線から描かれていますよ

あるときは、夜になるとソファーで空を飛んでしまう少年から
あるときは、天才に作られた感情を持つ人形から
あるときは、天気を販売する少年から
あるときは・・・・


・・・・の理由も読んで、ぜひ、うんうんそうだね!って言って欲しいなー!!!



作品の内容と絵柄の雰囲気もこれ以上ないくらいにマッチしています。素敵!うふふ




ちなみに谷先生は、この作品がコミックス2冊目の作品。

前作も読み切りを7編収めた超絶お得な価値ある1冊となっております。


『いちばんいいスカート』



これが1冊目、
そしてあれが2冊目の本だって。天才っているんだよね。降臨!!メシア!!!

ぜひ合わせて読んでみてください。






かくいう私は先日髪を切りまして。
前髪こんな感じになりまして。






私からの見え方は、いい感じー!、でしたが、周囲の反応は、変な感じー!、でした。




やっぱり人によって世界の見え方は違うんだなと思ったりするんです。


みなさんはどう思います?






少々の少女マンガ紹介と、日常、告知等のブログ
中村涼子『THE挑戦。』→http://ameblo.jp/haramikarubi

ほぼ毎週月曜22:00ごろから SHOWROOMにて
『別冊・少女マンガ倶楽部』
紹介youtube→
第一弾 第二弾 第三弾



Twitterもやっています!


にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へにほんブログ村


にほんブログ村 お笑いブログ お笑い芸人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加