うたことば歳時記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

中秋の名月と仲秋の名月

2017-07-11 14:34:21 | その他
 旧暦8月15日の月は、古来「ちゅうしゅうの名月」と称して、賞翫されてきました。「ちゅうしゅう」という言葉には、「中秋」と「仲秋」の表記がありますが、意味は微妙に異なります。中秋は秋の真中という意味で、月切りの季節では、旧暦1~3月が春、4~6月が夏、7~9月が秋、10~12月が冬ですから、中秋は8月の30日間の真中である8月15日を意味しています。(立春・立夏・立秋・立冬を基準として季節を分けるやり方は「節切り」と言います)。それに対してそれぞれ3カ月の季節を3等分し、初めの三分の一を「孟」、次の三分の一を「仲」、最後の三分の一を「季」と名付けることがあります。

 少々脱線しますが、孟・仲・季の季節はそれぞれ1カ月の幅がありますから、時候の挨拶には便利な言葉ですね。堅苦しくて苦手にする人もいることでしょうが、旧暦1月ならば、「孟春の候」、2月ならば「仲春の候」、3月ならば「季春の候」と書けばいいのですから、便利な言葉です。

 話をもとに戻しましょう。ですから秋3カ月の内、7月を孟秋、8月を仲秋、9月を季秋と呼ぶわけです。「孟」は人名では「はじめ」と読み、「季」は「すえ」と読むことがありますね。楠木正成の末弟に「正季」(まさすえ)という武将がいて、湊川の戦いで自刃したことはよく知られています。中国語で「季妹」と言えば、末の妹のことです。そういうわけで仲秋は8月のことですから、仲秋の名月は8月中の名月という意味になります。しかし8月中の満月は原則として15日ですから、事実上、仲秋の名月と中秋の名月は同じことなのです。ただし天文学的には旧暦15日が満月とは限らず、1日前後することがありますから、中秋の名月が満月とは限りません。実際には月齢で14日くらいのことがかなりあります。それに対して理屈を言えば、仲秋の名月は8月15日に限られることなく、8月中の満月を指しますから、仲秋の名月は常に満月なのです。ただし歴史的には「中秋の名月」という表記が圧倒的に多く、「十五夜」という言い方がよく使われましたから、「中秋の名月」の方が正しいと思われるのも一理あります。ネットには「中秋の名月」が正しく、「仲秋の名月」は誤りであるかのように説明されることが多いのですが、満月であることにこだわるのなら、「仲秋の名月」が誤りという程のことでもありません。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近現代のお盆の様子 | トップ | 九月十三夜の月 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。