365wedding オーダーメイドのウェディング(結婚式)と美しいウェディングドレスの選び方とデザインについて

美術館・重要文化財の建築・世界遺産・レストランなど、新しいカタチのオートクチュール・ウェディング(結婚式)とドレス

日本人でもデビュタント可能!?ウィーンオペラ座舞踏会(Opernball)『オーパンバル』

2014-04-13 19:04:22 | ウィーンの舞踏会(バル)






日本人でもデビュタント可能!?ウィーンオペラ座舞踏会(Opernball)『オーパンバル』



当ブログでは、数回にわたってオーストリアの首都ウィーンにおいて、旅行者でも舞踏会に参加出来ることをお伝えしてきました。



『究極の結婚式 世界遺産 シェーンブルン宮殿でウェディング』
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/e/49b5ef18fd4ab2995cbd327ca66c8dd0



旅行者でも参加可能! ウィーンフィルの『楽友協会』やホーフブルク王宮で舞踏会(バル)はいかが?2014
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/e/fd4a127ff3889d3acf0e75f6806092ae

も参考に



先日、NHK BSプレミアムにおいて、ウィーンオペラ座舞踏会(Opernball)『オーパンバル』のデビュタントの模様をテレビ放映していました。

ワクワクしましたね ^ ^

普通の人でも、デビュタント出来るそうです。


詳しくは、NHK BSプレミアムの再放送をご覧ください。


以下引用



「純白のドレス舞う瞬間 オーストリア・ウィーン」

世界最高峰の舞踏会「オーパンバル」。年に一度しかない夢の舞台へ!!憧れの舞台はウィーン・オペラ座。純白のドレスとティアラ。デビューを飾る150人の“プリンセス”!舞踏会が最高潮になるのは「美しき青きドナウ」を老若男女6000人が一つになって踊るとき。敗戦後、復興の象徴として人々が思いを託した名曲。ワルツを踊るとき、人はウィーン人になるという。幾多の苦難をのりこえ愛されてきた、世界で一番美しい瞬間。

BSプレミアム 再放送予定
4月15日火午後11時45分
4月17日木午前8時00分
4月20日日午後4時00分


以上引用

http://www4.nhk.or.jp/sekatoki/2/



ちなみに、来年のオーパンバルですが、既に予約がスタートしているようです。



以下引用




2015年度国立歌劇場舞踏会(2015年2月12日開催)のチケット予約は、2013年2月8日から始まっています。書面(ファックスまたは郵便)でお申し込みください。メールによる予約は受け付けていません(予約の項もご参照ください)。

http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/opernball/Allgemein.jp.php




チケット

オペラ座舞踏会開催日 2015年2月12日
入場券 EUR 250,-
ロージェ EUR 18.500,-
ステージロージェ(ダブルロージェ) EUR 18.500,-
ステージロージェ(シングルロージェ) EUR 10.200,-
ステージロージェ・テーブル EUR 9.000,-
6名用テーブル  EUR 1.080,-
4名用テーブル EUR 720,-
2名分テーブル席 EUR 360,-
4名用テーブル、6階   EUR 360,-
2名分テーブル席、6階  EUR 180,-

http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/opernball/Karten.jp.php




入場料は250ユーロ(1ユーロ=140円換算で約35,000円)

高いといえば高いのですが、何しろバラの花8万本使っているとか!
オペラ座の座席を取って、床を作り直すとか、手間ひま半端ないようなので、むしろ安いかも。。




NHK BSでもやっていたデビュタント(一生のうち一回のデビュー舞踏会)ですが


HPを見ますと


以下引用


デビュタント

ウィーン国立歌劇場舞踏会のハイライトのひとつは、若き男女のペアからなるコミッティーの登場です。

事前に申し込みのあったペアの実技披露は、2014年秋に実施されます。日時の詳細については、近く発表されます。

会場:ウィーン国立歌劇場、グスタフ・マーラー・ホール

入り口は、ヘルベルト・フォン・カラヤン広場とリンク大通りの角

写真付きの身分証明書をご持参ください!

実技披露の際の服装:
男子:濃色のスーツまたは濃色のズボン、白いワイシャツ
女子:濃色のスカート、白いブラウス

ご注意:当日はゴム底でない靴を着用してください!!!

応募資格
コミッティー・メンバーとなるには、次の条件が満たされていなければなりません。
‐ウィーナー・ワルツ左回りステップに熟達していること
‐年齢17才以上、24才以下であること
‐ウィーン国立歌劇場舞踏会のコミッティー参加は1回限りであり、まだ未参加であること



ウィーンと周辺地域に住む参加希望者の場合
申し込み日時:2014年10月7日と8日、10時~12時と14時~16時

左回りステップの実技披露のための期日は、決定次第ホームページに公表されます。



オーストリア国内各州からの参加希望者の場合
申込書、履歴書、写真を、2014年9月1日までに、国立歌劇場舞踏会事務局(Opernballbüro)宛てにお送りください。



外国からの参加希望者の場合
申込書、履歴書、写真を、2014年9月1日までに、国立歌劇場舞踏会事務局(Opernballbüro)宛てにお送りください。

参加費
コミッティーカード100ユーロ



リハーサル回数

ウィーンと周辺地域からのペアはウィーンでのリハーサル3回
オーストリア各州からのペアはウィーンでのリハーサル1回
外国からのペアはウィーンでのリハーサル1回
2回のメインリハーサルのうち、1回はウィーン国立歌劇場グスタフ・マーラー・ホールでのリハーサル、もう1回は国立歌劇場舞踏会当日前の水曜日に国立歌劇場内の舞踏会場で行われる総合リハーサルです。

(詳しい日時はコミッティー・メンバーに事前に連絡されます

衣装規定


女子:純白の舞踏会ドレス(クリノリンなしのもの)、白い手袋、白い靴
男子:黒い燕尾服、白い手袋、黒いエナメル靴

以上引用

http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/opernball/Debuetanten.jp.php


最新情報は、必ずリンク先をご覧下さい。



なんと、国外からも参加可能のようです。

もちろん、リハーサルやオーディションに出る必要があるようですけれども。。




video
http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/opernball/video.jp.php




そして、なんと、日本からウィーンオペラ座のオペラ座舞踏会(Opernball)デビュタントに出た人のブログを発見いたしました。


オペラ座舞踏会(Opernball)
http://ridandlover.web.fc2.com/sleepingheart/wien4.html

日本人でもデビュタントも出来るのですね ^ ^


コーヒー店主による舞踏会(Kaffeesiederball)
http://ridandlover.web.fc2.com/sleepingheart/wien1.html



さあ、みなさん、踊りたくなってきましたでしょうか。



当ブログでは、いつでも、舞踏会のためのドレス制作 可能です^ ^
もちろん、デビュタントでも一般参加でも大歓迎です。





一生のうちで最も特別な場面の本当に特別な1着を お客様と共に創り上げていく

デザイナーズ・ウェディングドレスの May&June

オートクチュール(オーダーメイド)のドレスを制作しておりますので、様々な人、場面に対応したドレスを提案します。


詳しくは
http://mayjune.jp/


お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせtel:0422-20-8101
営業時間12:30-21:00 (祝日を除く月+金、および年末年始は休み)

メールは随時受け付けております。



最後までお読みいただいてありがとうございました。
このブログの情報が役に立った、読んでよかったと思った方は、是非人気ブログランキングのクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ







『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウェディングドレスの選び方... | トップ | 世界遺産 ウィーンのシェーン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ウィーンの舞踏会(バル)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事