ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

いよいよブレイク?!爽やかワイン「ヴィーニョ・ヴェルデ」

2017-04-18 16:39:10 | ワイン&酒
先週、ポルトガルのワイン “ヴィーニョ・ヴェルデ” のセミナーおよび試飲会が、都内で開催されました。

ヴィーニョ・ヴェルデのことは何度も紹介し、「今年こそブレイクする!」と言い続けてきました。
もちろん、今年も言います(笑)

ヴィーニョ・ヴェルデ、いよいよ日本でブレイクします




ポルトガル語で、ヴィーニョはワイン、ヴェルデは緑という意味なので、「色がグリーンがかったワイン」、と説明されてきました。
しかし、ヴィーニョヴェルデには、白ワインだけでなく、赤ワインもロゼワインも、さらにはスパークリングワインもあります。

ということから、「緑が豊かな地方のワイン」、と解釈するのが良いようです。

ヴィーニョ・ヴェルデが生産されているのは、ポルトガル北西部になります。
冬は寒くて甘下多く、夏は暑くて乾燥します。
降水量は年間1200mmと多めですが、冬に集中して降ります。

ヴィーニョ・ヴェルデ地方は、西には大西洋、東にはスペインとの国境の山地があり、北はミーニョ川、南はドウロ川の間にるエリアです。
サブリージョンがいくつかあり、東の山地から大西洋に注ぐ川が東西に何本も走り、その川の渓谷がサブリージョンの境になっています。

ヴィーニョ・ヴェルデ地方としては7000平方kmあり、ブドウ畑は21000ha、EU最大の限定産地のひとつです。
ただし、19000軒のブドウ栽培農家、600軒のワイン生産者が存在し、1軒あたりの所有畑の面積は平均1ha以下と、小規模生産者がたくさん存在します。
銘柄数は約2000!

各サブリージョンごとに主要ブドウ品種があり、多彩なヴィーニョ・ヴェルデが生産されています。



ポルトガルには285のブドウ品種があり、うち47品種がヴィーニョ・ヴェルデに使われています。
ヴィーニョ・ヴェルデの伝統は混植のミックスブレンドワインで、約80%を占めています。

伝統ブレンドの品種構成は、もちろん、産地や生産者にもよりますが、
ロウレイロ60%、アリント20%、トラジャドゥ-ラ20%が多いとか。


ミックスブレンドの伝統的ヴィーニョ・ヴェルデ - Quinta da Lixa-


Quinta da Lixaのワインメーカー Carlos Teixeiraさん

以前は、この伝統的なミックスブレンドが好まれていましたが、この10年で変化が見られるようになってきました。

畑ごとに品種を区分けしてブドウを植えるだけでなく、ブドウ品種ごとにワインを仕込むようになり、単一品種のワインも好まれるようになってきました。


AB Valley Wines

興味深かったAvesso(ブドウ品種)の単一ワイン。
アヴェッソは、ヴィーニョ・ヴェルデ南東部のバイアオンというサブリージョンで多く栽培されています。


Casa de Vilacetinho

数々のワインコンクールで受賞に輝くカーザ・デ・ヴィラセティーニョ。


Quinta de Gomariz

キンタ・デ・ゴマリスは、2005年設立の新しいワイナリー。



ゴマリスのTiagoさんが手にしているのは、年間生産本数400本のPremium!


Adega Ponte de Lima 

若い女性ワインメーカーが来日していました。
素直で軽やかなワインが多く、好感が持てました。




ロゼワインの品種で多いのは、イシュパデイロ、パデイロと聞きましたが、
このワイナリーは、トゥーリガナショナルを使っています。
地方によっても違うようです。



Quinta das Arcas

キンタ・ダス・アルカスは、2012年にEUのビオ認証を取得



樹齢50年の古木をオーガニック栽培している、と言っていました。




こんなキュートな猫ラベルのワインも♪ -Casalde Ventozela





ヴィーニョ・ヴェルデが素晴らしいのは、
アルコール度数が低めで、若々しくフレッシュで、軽快で心地よい点 だと思います。

白、ロゼ、スパークリングはもちろん、赤ワインであっても、イキイキとした果実味とフレッシュな酸の魅力があり、心地よく飲めます。

現代人の嗜好は、料理もワインも、どーんと重たいものから、繊細で軽やかなものに移行してきています。
ヴィーニョ・ヴェルデは、まさに現代人の味覚のトレンドに合うワインであり、さらには、日本の気候や食卓にもピタリと合うワインといえます。

しかも、価格もお手頃
ブレイクしないわけがないんですけれどね(笑)



特に、春から夏の季節には、ヴィーニョ・ヴェルデの爽やかなテイストはもってこいといえます。
秋の味覚、冬の鍋にもイケます☆

でも、今日みたいな夏を思わせる日には、ついつい昼から飲みたくなるワインです




ヴィーニョ・ヴェルデ協会マーケティング部長カルラさん、リッシャのカルロスさん
お世話になりました!


[参考]

■ 爽やかなポルトガルワイン「ヴィーニョ・ヴェルデ」
http://blog.goo.ne.jp/may_w/e/c7b1f317f397ab33638ceeae8f7c1c0e

■ 雪の日にタラ鍋とロゼと
http://blog.goo.ne.jp/may_w/e/d5e83f4807e35f38c96efbd121a2a3f3

■ みんな意外と「ヴィーニョ・ヴェルデ」好き!?(笑)
http://blog.goo.ne.jp/may_w/e/9ec2a226f44023b0c93b526439965745

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月17日はマルベック・ワール... | トップ | ヴィーニョ・ヴェルデと和食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。