ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

長野県塩尻の地ビール「塩嶺麦酒」を買ってみた

2017-06-17 12:10:04 | ワイン&酒
過日、長野県の塩尻に出かけた時、帰り際に、JR塩尻駅前の観光センターの売店で
地ビール を見つけました!
瓶ビールで重いですが、1本は買いたいですよね?

いくつか種類があり、悩みましたが、これをセレクト!


塩嶺麦酒 メルツェン  信州塩尻農業公団(チロルの森)

ドイツ発祥の下面発酵タイプの長期熟成型のラガービールで、スッキリした爽やかな香りと、麦芽の甘みを生かした味わい、という説明があったので、選んでみました。
「アジア・ビアカップ 2016」金賞受賞ですって。
330ml、450円。



琥珀色、ということでしたが、かなりダークな色合いをしています。
香ばしく、コクがあり、ほどよい飲みごたえのビールです。
くいっと飲むより、食事と合わせて飲みたいタイプ
私はソテーしたラムレッグを合わせてみました。



素敵なラベルデザイン、文字体ですよね。
「塩嶺麦酒」「えんれいビール」と読みます。



生産者は、「信州塩尻農業公団 ― チロルの森」

塩尻市にある体験型テーマパークで、自然の中にあるようです。
ビール、ソーセージ、アイスなどの自家製品を製造、販売しており、園内で購入できるほか、私が買ったように、塩尻駅前の観光センターの売店でも販売しています。

他にもビールの種類があったので、次に行く機会があれば、あれこれ試してみたいかな。

チロルの森
http://www.tirol.gr.jp/

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルザスのビネールが手掛け... | トップ | ビール対決!フランスvs日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。