ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

またもやロストバゲージ!なぜ起きる?

2017-07-13 19:12:29 | お出かけ&旅行
イタリア取材から昨日帰国しました。
残念ながら成田でスーツケースは出てこず、ロストバゲージとなりました。

ロストバゲージは、この1年で3回目です。


ベネチア空港

直近のアエロフロートでは、帰国便が遅延したため、モスクワで予定外の上海行きに乗せられ、上海で東京行きのチケットを発行してもらうというイレギュラーな行程でしたので、ありえるかなと。

その前は、接続時間が短く、空港内をダッシュして乗ったため、人間は間に合っても荷物が間に合わず、これもありえます。

今回は、ローマ経由のアリタリア。
ローマでの接続時間は2時間近くあったので、積まれなかったのが不思議です。

幸い、本日の昼過ぎに成田空港より電話があり、本日の便で無事に私のスーツケースが届いたので、明日の午前着で宅配便で送ってくれるとのこと。
配送費用は、もちろん向こう持ちです。



ロストバゲージになりかかった例もいくつかあります。

例えば、遅延で経由地に1泊せざるを得なかった場合、「荷物は翌日の便で一緒に運ばれます」と言われますが、到着地の荷物受取レーンで見つからず、実は荷物だけ先に行ってしまい(なぜ荷物だけ乗れたのか?)、呼び出しアナウンスで別の場所に案内されたケースがありました。

また、ローマ経由でシチリアのパレルモ空港に行った時は、遅延でローマに1泊したのですが、翌日の便でパレルモに行くも、荷物受取レーンで見つかりません。
パレルモ空港では、経由便の人と、ローマからダイレクトに乗った人の荷物が違うレーンに流れます。当然、経由便のレーンをチェックしていましたが、見つかりません。
そこで、別の場所で流れている直行便のレーンを見ると、私のスーツケースだけがポツンと残っていました。

いろいろなケースがありますね~



仏ボルドー空港の受取レーンではワインの巨大ボトルが出迎えてくれます

私は、これまでのロストバゲージの際でも、すべて荷物は出てきました。
どこかに統計の数値を見たのですが、ロストバゲージの85%は戻ってくるそうですが、15%の不運もあるんですね。
荷物タグが取れてしまい、所有者情報がかわからなくなったらアウト!
そういう意味で、スーツケースに名札を付けておくのもいいでしょう。




帰国の際のロストバゲージはまだいいとして、行きのロストバゲージは色々と面倒なので、必ず手荷物に、着替え、洗面&メイク道具、コンタクトグッズなどを入れておきます。
遅延で経由地に1泊せざるをえないケースもありますからね。

機内で履いていた使い捨てスリッパも、最終目的地に着くまでは捨てずに取っておきます。
経由地で泊まらなくてはいけなくなった際に、部屋にスリッパがないこともあるからです。



行きでのロストバゲージはこれまでは一度もありませんが、経由地で1泊は何度かあり、その際には手荷物に入れていた1泊セットが役に立ちました。

これから夏休みで、飛行機で海外に行く方も多いと思いますが、遅延やロストバゲージといった不測の事態を予測しながら備えておくと安心ですね。

いいご旅行を~


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食事いろいろ@ドロミテ | トップ | イタリアの「プロセッコ」が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。