ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

ハンガリーワインを飲んでみよう!

2017-01-25 17:20:10 | ワイン&酒
昨日はハンガリーのワインライターが紹介する最新ハンガリーワインを取り上げましたが、試飲したワインは未輸入のものがほとんどですので、今日は、日本で買えるハンガリーワインを紹介します。

なかなかリポートする機会がありませんでしたが、ハンガリーのトカイに在住する片木雄詞さん の試飲会に参加しました(2016年8月)。
その時に登場したのが、こちらのハンガリーワイン5アイテムです。



片木さんは、ハンガリーの大学を卒業し、2011年にはハンガリーの大学院の醸造学部を卒業、2013年にはハンガリーソムリエ協会でアジア人唯一の会員になっています。
2007年より自身でもワイン生産に携わり(トカイ・エゲル地区)、2008年には株式会社フルミントを設立し、ハンガリーワインの輸入、販売を行なっています。



Szepsy Szamorodni 2012
つい先日の試飲会でも紹介されたセプシーというワイナリーの甘口ワインです。
貴腐菌のついたブドウと健康なブドウを混ぜてつくられています。糖度は40~60%。



BREITENBACH SZERELMI 2013 (トカイ)

片木さん自身が手掛けたワインで、ワイナリー名はブライテンバッハ。ブドウ品種はフルミント。SZERELMIセレレミは畑名です。
こっくりとしたコクのある辛口白ワインで、これはおいしい!アルコール度数は14.5%もありますが、それと感じません。



Szepsy KIRALY 2010
ブドウ品種はHarslevelu(ハーシュレベリュー)。ちょっと発音しにくいでしょうか。

フルミント はハンガリーを代表するブドウ品種で、トカイの甘口ワインの主原料になります。
糖度が高くなり、香り高く、晩熟で、貴腐の影響を受けやすく、酸が非常に高いため、長期熟成に適しています。

ハーシュレベリュー も晩熟で貴腐の影響を受けやすいブドウです。香り高く、スパイシーさもあり、トカイの甘口により香りを加えるため、フルミントの補助品種としてよく使われます。ハーシュレベリューとは、ハンガリー語で“菩提樹の葉”という意味だそうです。



NYITÁNY WHITE 2014 / NYITÁNY ROZÉ 2015  CSERNYIK(チェルニック)

白ワインは、ハーシュレベリュ 50%、Olasz rizling(イタリアン・リースリング )30%、ピノ・グリ 20 %のブレンド。
ロゼは、ケークフランコシュ100%。ケークフランコシュは、ブラウフレンキッシュのハンガリーでの名称です。
アルコール度数は12-12.5%と、どちらも軽やかに飲めるタイプ。

チェルニックは、ノーザン・ハンガリー地方、マートラアリャ産地のワイナリーです。ハンガリーで一番高い山がマートラ山で、その南麓がワイン産地となります。



ハンガリーのワインは、基本的には、ラベルに品種名と産地が表記されていますが、ブドウ品種は耳慣れないものが多く、かつ発音も難しく、ワイン産地にしてもなかなかピンときません。
ですから、最初は選ぶのが難しいかもしれません。

そこで、まずはブドウ品種では「Furmint フルミント」を選んでみることをオススメします。
ハンガリーを代表するブドウですからね。
色々なフルミントを飲み比べてみましょう。時には辛口、時には甘口に出合えます。

上で紹介した片木さんの“ブライテンバッハ・セレレミ”も、ぜひチャレンジしていただきたい素晴らしいワインです。


株式会社フルミント  ※ワイン購入できます
http://furmint2007.com/

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンガリーワインを改めてじ... | トップ | イタリアワインの第一人者林 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。