完全無欠の「初老男」日記

ついに「完全な初老男」に昇格、引き続きよろしくお願いします。

やはり、このチームは弱い。      ~ワールドカップ最終予選vsイラク戦~

2016年10月08日 | スポーツ


私は初老男である。


少々、時間が経ってからのUpで申し訳ない。



ワールドカップ最終予選の話。



結果はご存知の通り。



しばらくぶりに



         「興奮するゲーム」


                   を見させてもらった。



以前、李忠成がアジアカップで優勝を決めたボレーシュートをほうふつとさせる山口蛍のボレーシュートだった。



展開的にも、これほどいろんなことが詰まったゲームはなかなか無い。



結果的に前回のワールドカップまでの主力「本田」「岡崎」「香川」の3人の誰もいないピッチで、アディショナルタイムで決着した。





・・・・・・・・・・・・・しかし。




この結果は、残念ながら50%以上の「ラッキー」がもたらした結果に見える。



すでに、様々なメディアが報じているように、今の日本代表は「爛熟から低迷の時期」に入っている。



何事においても「創成期」⇒「成熟期」⇒「絶頂期」⇒「爛熟期」⇒「停滞期」⇒「低迷期」そして「創世期」に戻る。




韓国戦での「木村和司のフリーキック」でプロでなかった日本代表が、一番ワールドカップに近づいたのが創成期。



ラモス 瑠偉が「神様・・・」とつぶやいた「ドーハの悲劇」から、中田のシュートのこぼれ球を岡野が決めた「ジョホールバルの歓喜」のフランス大会。


そこから前回のブラジル大会までが「成熟期~絶頂期」である。



その間、中田・中村・名波らの選手がヨーロッパの有名クラブで活躍するようになる。



それからも本田・香川・岡崎・吉田・長友たちが続くことで、この成熟~絶頂期を支えてきた。



しかし、見ての通り。



前回のワールドカップの主力であった「本田・香川・岡崎」が、所属チームでの出場機会が減ったことで、そのパフォーマンスを下げていき・・・・。



それが今の日本代表のパフォーマンス自体を下げることになった。



そうした意味においても、監督の起用法にもむずかしさがあったのも確かだ。




つまり、こうしたことが「停滞期~低迷期」に入ったことの証明である。




もう3日後に「アウェイでのオーストラリア戦」を迎えるが・・・・。



残念ながら今回の「このイラク」に「これだけの苦戦」をする日本代表が、勝てるとは思えない。


頑張って「ドロー」というところだろう・・・・。



今回も最後までお付き合いいただきありがとう。これを読んでいる皆さんも、サッカーが「文化」として日本に根付かない限り「本当の意味での強豪国」になれないことに気づきますように。




               May




これは、サッカーだけの話ではない。人の世の「すべての事柄」の共通した話なのだ。・・・・日本代表においては「久保 建英」の成長を待つしかないかもしれない。
ジャンル:
ワールドカップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初老男が思いつめる。   ... | トップ | ずっと「朧気」なこと。  ... »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL