透析までの道のり 『多発性嚢胞腎』

多発性嚢胞腎の病気のことや日常のことを中心に呟いています。まだ、未透析です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

貧血のお話

2016-10-11 06:33:09 | 『多発性嚢胞腎』

貧血で
ヘモグロビンが
6.3ぐらいなんですが

毎月の恒例時には
もっと低くなるようで

起き上がれなくなります…

トイレに立つのが
やっとの状態です

5センチ程の
子宮筋腫が2つありますが
貧血には関係ないそう。。。

婦人科の先生からは
腎臓の方の貧血じゃない?っで
終わってしまいました。。。

腎臓内科から
貧血の錠剤を
貰っていますが
体調によっては
飲んでもすぐに吐いちゃうことも

なかなか
貧血は、改善されません

ダル重い…です


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが家の『赤福』事情 | トップ | 昨日は、寒かったので… »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
造血ホルモンは? (りひと)
2017-02-06 22:42:27
通りすがりの多発性嚢胞腎患者です。そのヘモグロビン値で、よく生活しておいでだと・・。さぞ大変だとお察しします。ヘモグロビンが10を切ったあたりで、造血ホルモン、エリスロポエチン(薬品名だと、私の場合はネスプ)の注射を腎臓内科で開始しました。腎性貧血だと、鉄剤を服用するだけでは改善しないのでは?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。