留守番

2017-06-15 19:15:03 | 仕事
今日の午後3時から、別の工事現場での打ち合わせがあるということで、
午後2時前、イケ監は、現場事務所を出て行きました。

「何かあったら、○○さん(下請け会社の職長さん)に、電話して。
 緊急の用だったら。ボクの携帯に電話してくれていいから」
と、言い残して。

一人残された私は、いつも通り、「工事写真をエクセルの写真帳に貼り付ける作業」に専念。
雑談をする相手がいなくて寂しいぞ!と思いながら。
たまに、ネットで息抜きをしながら。

午後4時半、事務所として使っている部屋のインターホンが「ピンポン」と、鳴りました。
職人さんはいきなりズカズカ入ってくるのに、珍しいことです。

ドアを開けると、案の定、住民の女性。

おずおずと、
「監督さん、いてはれへんの?」
「今日は、たまたま、別の仕事で外出してまして、5時頃戻る予定ですが・・・何か?」
「ほら、最近、公営住宅のアスベストがどうとか、TVで言うてるでしょぅ?」

あ、また、その件か。
一昨日も、事務所に住民の方から電話があり、イケ監が丁寧に
「工事着手前に調査をしているから大丈夫です」
と、説明したばかり。

気になる場所があると言うので、その方のお部屋が面している廊下へ、一緒に行きました。
どう考えても、アスベストは関係なくて、外部からの飛散物が引っかかっているだけ。

しかし、「いらんことは言わんとこ」と思ったので、黙ってました。

すると、別の話が始まりました。
「ほら、私が大事にしてた植物、工事をしているバルコニーから廊下に移動させたら、
 ほとんど枯れてしもたんよー」
たしかに、たくさんのプランターの植物のほとんどは枯れています。

「ペットみたいに可愛がっていたのに・・・。
 これなんか、母の日のプレゼントでもらって、すごく立派に育ってたんよ」と、愚痴られて。

はぁ、そうですか、と相づちをうちながら、
このままだと、延々と話に付き合わされる羽目になると思い、
「本当に申し訳ありません、監督に、今回のアスベストに関するお話と
 土の撤去に関する要望を伝えておきますから」
と、退散しました。

イケ監は私が帰る午後5時までに帰って来なかったので、
今日のお話の内容をA4サイズの紙に書き、
該当する補修箇所に書かれていた「④ー50」という文字から、写真を探して、印刷し、
彼の机の上に置いて、帰りました。

「住民の皆さんはアスベストの件で話し合い、不安がっているようですから、
 文書で説明するのも良いかも?」
と、アドバイスも添えて。

我ながら、良い仕事をこなす留守番。

そして、たまにイケ監が現場から戻ってきて、ため息まじりに言う言葉を、初めて実感。
「住民の方につかまったら、話が長い」

黙々とPCで一人作業をしているところだったので、けっこう良い気分転換になったんですけど、ね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋一泊旅行の予告 | トップ | 3食ぶん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。