こっち側の人間

2017-06-13 18:48:27 | 仕事
あまりにもイケ監のことが好きすぎて、毎日の仕事が楽しすぎます。
そろそろ「今日のイケ監」というカテゴリーを作ろうかと考えている私。
ウソですけど。

******************************************************

毎日12時45分から、事務所に各社の職長さんを集めた「昼礼」があるのですが、
その時間帯、私は隣の部屋で昼寝用の小さな枕を頭の下に置き、机に突っ伏して昼寝しています。

こういう図太い点は、我ながら「現場慣れ」しているなぁと思います。

今日、その昼礼が終わる頃に爆睡から目覚めたら、ちょうどイケ監が職長さんたちに
「じゃ、A棟の塗装は木曜日からということでいいですね?チラシを作ります。
 午後からも、ご安全に」
「はい、ご安全に!」と、解散し、職長さんたちがそれぞれの持ち場に戻っていきました。

『チラシ』とは、
○月○日から『○○工事を開始します』と予告し、
その間は少々騒音がする、塗料の匂いがするのでご了承ください、
といったことを細かく説明したA4サイズの紙。

3つの棟で成り立つ高層住宅の改修工事。
住民の方が住んでおられるので、いろいろと気をつかうわけです。

それを、集合郵便受けに入れるのは、私の役目です。

午後3時過ぎ、イケ監がそのチラシを1枚印刷し、無言で私に差し出しました。
おかしな言い回しはないか、チェックしてほしいということです。

ざっと読んで・・・・

わかりやすいと思うけど、
「居住者の皆様へ」は「A棟居住者の皆様へ」と違うん?
と、小さなミスを指摘すると、
「ほんまやー!ありがとうー!」

さっそく修正するイケ監。

「でも、○○さん(私)は、『こっち側の人間』やから、○○さんが理解できても、
 住民の人が読んだら、わからへんこともあるかも知れへんなぁ・・・・」
と、呟くので、
「何よー!『こっち側の人間』ってー!!!!」

爆笑してしまいました。

ブランクはあったものの、建築工事の現場事務所で、約20年働いている私の
経歴を指していると、すぐわかったのですが、その表現が、面白すぎて。

******************************************************

「そう言えば、何年か前に働いていた会社で・・・」

職場の真横で建築が始まったマンションの現場から聞こえてくる
コンクリートミキサー車の音に思わず反応し、全面ガラス張りの窓に近寄って、
「今日はコン打ちの日かぁ」
と、じっと見ていたら、仲の良かった方たちも集まってきて。
「あ、工事現場、進んでるみたいね?」

「あの板はコンパネと言うて、あの中にコンクリートを流し込むんです。
 あそこにある丸い筒や四角い箱は、スリーブって言うて、
 コンクリートを流し込む前に、仕込んでおくんです。
 電気の配線なんかを通すために必要なので・・・」
などと、つい、調子に乗って説明を始め、
「なんで、そんなことを知ってるの?」
と、驚かれたことを思い出し、その話をすると、ニヤリと笑うイケ監。

「一般の人は知らへん業界用語ばかりやし、ねぇ」

なんなんだろう?
世代を超えても、同じ建築業界で働く者として話が合うという、この楽しさ。
「こっち側の人間」という言葉、最高の褒め言葉。°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝶の楽園 | トップ | 名古屋一泊旅行の予告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。