弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|従前に日商簿記2級や1級レベルを完全に独学にて…。

2017-07-17 06:40:01 | 日記

大半の資格スクールに関しては、弁護士資格取得の通信教育が取り扱われています。その内には、動画ファイルなどを活用して、今の時代に合わせた通信教育を受けることができる、資格スクールも多数でてきています。
1教科ずつの合格率の数字に関しては、ザッと10%少々と、全ての教科ともに難易度が高めの弁護士試験は、いわゆる科目合格制であるため、就労しながら合格することも決して不可能でない、資格といえるのです。
一頃においては合格率1割以上にて安定していた弁護士試験も、昨今は、10%よりも低い率であり続けています。合格率一桁とした場合、難易度が高度な国家資格であるとして、考えられます。
毎年国家試験における弁護士試験の合格率の数値は、10〜12%と、狭き門と言われているにしては、合格率が高めとなっています。だけど、一度の挑戦で合格を手にするのは、0%に限りなく近いと言われている様子です。
従前に日商簿記2級や1級レベルを完全に独学にて、見事合格されたといった人であるなら、弁護士試験においての簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に限定しては、ベースを理解しているため独学にて合格を目指すといったことも、難儀なことではないといえます。

網羅性を誇るテキストブックにすら確認することの出来ない、情報が必要とされる問題が出たときは、早々にとばしましょう。やはり踏ん切りをつけることも、高難易度の弁護士試験にて合格を勝ち取るためには、大事な点とされます。
日本の国家資格のうちでも上位に入っている位の難易度とされる弁護士試験の実際の中身は、憲法はじめ11の科目の法律からたっぷり設問があるので、合格に至るまでには、長い期間に渡っての学習時間が欠かせません。
予備校の弁護士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近隣地域に専門学校が一つもない、仕事がとても忙しくて時間がとれない、学校に通学しようとする時間がないなんていった方向けに、それぞれの学校では、通信講座制度を設けています。
現実的に30万円以上〜、それともまた50万以上の負担を求められる、弁護士試験対策の通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。この場合講座を受講する期間も、1年強の長い期間の講座コースを設けられていることが、多くあります。
法令の消費税法に関しましては、弁護士試験の主な科目の中におきましては、他よりもさほど難易度は高度ではないもので、簿記の基本の知識をしっかり持っておけば、比較して簡単に、合格するのに必要な6割以上の点数をとるということが可能になるといえます。

当然弁護士試験を独学スタイルで通すのは、とても難しいことではありますけれど、立ち向かいたいとやる気がある人は、ひとまず簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から開始するべし。
現実的に弁護士試験の目立った特徴を示しますと、特定の基準に基づいて絶対的に評価する実力を問われる試験でありまして、合格者の上限人数を最初から設けておりませんので、要するに試験全体の難易度の程度が、絶対に合格率に大きく反映されることになります。
現実、弁護士試験については、1科目毎に120分間しか試験時間がありません。限られた制限時間内に、合格点数をゲットしなければいけないから、勿論のことながらスピード力は必須です。
ずっと前から弁護士試験に関しましては、超難関と知られている、法律系の国家資格の内の1つです。ここでは、目標の弁護士試験に一発合格するために把握しておくべき勉強法等を、運営者自信の合格までの道の実体験をもとにして詳細に書きます。
通信教育である場合、弁護士試験に的を絞ったアプローチ策を万全にした、受験専用の教材がつくられていますので、オール独学より学習の仕方が掴みやすくって、勉強が行いやすいのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|今日び…。 | トップ | 弁護士|今日弁護士の通信講... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL