弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|実際に難易度がスゴク高い国家資格の試験に関係なく…。

2017-07-27 02:30:01 | 日記

合格率の割合が7%程度と、弁護士試験は他の資格よりも難易度のキツイ試験の一つと言えるでしょう。されど、不必要に気後れすることはないですよ。地道に努力を積み重ね続けることにより、老若男女誰にでも着実に合格は切り開けます!
無論、弁護士試験にトライするという際におきましては、全力で取り組まなければ満足のいく成果がみられない、レベルが高い試験だという風に感じています。言ってしまえば確保できる大事な時間を上手く使用して受験勉強をコツコツ続けた方が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
実際に合格率のパーセンテージは、弁護士資格の難易度状況を示す明白な指標のひとつとなっていますが、ここ数年、この数値が顕著に低下気味であって、受験生たちに大きな関心をもたれています。
2006年度(平成18年)から、国家資格の弁護士試験は、多数改正がなされました。それまでと違い法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢択一形式の問題や、40字記述式の問題というような新しい傾向の試験問題も広く出題されています。
実際特殊な内容なので、難易度が非常に高度となっておりますが、基本弁護士試験においては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度を起用しているので、各科目ずつ1年1教科で5年にわたり合格を獲得していくやり方も、オッケーとされている試験となっています。

一昔前までは弁護士試験の受験は、割と取得することが可能な資格と伝えられておりましたけれど、この頃はとってもハイレベルになっており、めちゃくちゃ合格することが難しい資格でございます。
市民に身近な『まちの法律家』の存在として、活躍可能な弁護士の試験を受ける際に、資格に関しては必要とされておりません。条件ナシで誰でも挑むことができますため、通信教育内でも、性別かつ年齢関係ナシに人気が集まっている資格コースとされています。
大半の資格スクールに関しては、弁護士になるための通信教育が開講されています。その内には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、今の時代において最新の通信教育が受講可能な、資格スクールなんかも多くございます。
開講実績30年以上を誇るユーキャンの弁護士対象の教育講座は、毎年ざっと2万人ぐらいから利用登録されていて、ちょっとも知識を持っていない方だろうと、堅実に資格取得できる能力を自分のものにできるといった、高品質の通信講座となっています。
今日の弁護士に関しては、とても難易度の高い問題が出題されており、通信教育のチョイスで、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。ただし、数多くの会社があって、何処を選ぶのが最善であるのか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。

実際に難易度がスゴク高い国家資格の試験に関係なく、一つの教科毎に別にして受験OKなことにより、それも関係し弁護士試験につきましては、1年に1度5万人位の方が受験を行う、難関試験でございます。
弁護士さんに代わる街の法律専門家として、期待が寄せられる弁護士の身分は、極めて社会地位の高いといわれている資格であります。ですから、その分試験内容の難易度もかなり高いものとなっています。
今の弁護士試験に関しては、事実上筆記タイプの試験だけしか存在せずといったように、考えてしまって結構です。と言うのも、口述試験に関しては、90パーセント以上の割合で落ちてしまうことはありえない簡単な試験だからです。
普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、弁護士になることを目標としているなんて方もいると存じますため、自分のペースで取り組めることを日毎欠かさず取り組み続けるというのが、弁護士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
近ごろは弁護士試験で合格を目指す、ホームページや、現役の先輩弁護士が、受験生に対してメルマガニュース等を発刊していまして、情報収集の力のみならずやる気を向上・持続するためにも使用することができます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|すでに日商簿記2級... | トップ | 弁護士|法令の知識を大学で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL