弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|現実的に弁護士の業務に関わるくらしの中の法律家として…。

2017-06-19 19:20:01 | 日記

基本演習問題をリピートし理解を深め十分頭にいれ基礎を築いた後、実用に基く応用問題に転換していく、確立された勉強法を取り入れるのが、弁護士試験の中の簿記論合格には、とても有効なようです。
現実的に弁護士の業務に関わるくらしの中の法律家として、活躍の期待が寄せられている弁護士においては、社会的ステータスが高い資格に挙げられます。それに伴い、試験の難易度の程度についてもスゴク厳しいものであります。
そもそも弁護士試験の特徴を示しますと、評価基準に基づいた試験で行われていて、合格できる上限人数を最初から設けておりませんので、要するに試験全体の難易度の基準が、ダイレクトに合格率に深く影響します。
弁護士の国家試験の制度の改定と一緒に、それまでの運・不運による博打的な不安要素が除かれ、まさにスキルあり・なしの力量が判断される実力第一の試験へと、弁護士試験は刷新したのです。
一般的に国家試験の弁護士試験の合格率に関しては、10%位と、高い難易度であるとよく言われているにしては、合格率が高いものとなっています。ですが、一度の挑戦で合格を得るといったことは、限りなく0%に近いと聞いています。

法律で平成18年より、弁護士試験の内容は、多数訂正されました。それまでと違い法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一式の問題をはじめ、記述式(論文)での問題のような思考力が求められる新しい傾向の問題というのもお目見えしました。
簡単に述べますと「足切り点」(ボーダーライン)というような特筆するべき制度が、弁護士試験にはございます。つまるところ、「定める点数に到達していないと、不合格扱いになる」という基準の点数が設けられているのです。
会社に勤めながらも寝る間を惜しんで勉強に励み、何とか3回の受験で弁護士の合格を勝ち取った、小生の実経験を振り返ってみても、近年の難易度に関しては、めちゃくちゃ上がりつつあるような気がしております。
現実的にレッスンを受講できるスクールもカリキュラム内容についても大変多種多様であります。ここでは、数多くある弁護士を対象にしている講座内で、社会人で忙しい受験者でも効率的に学ぶことが出来る、通信講座を行っている予備校を比較検討しました。
金融取引等のことが含まれる法人税法については、事業を営む時には、根本に必要とされる要必須な事柄であります。しかし、覚えるべきことが多く存在するため、弁護士試験の受験科目の内で高いハードルといった風に伝えられています。

通信教育である場合、弁護士試験の受験対策を完全にとりまとめた、資格取得専用の教材が揃えられておりますから、独学するよりも学習の仕方がマスターしやすく、勉強がやりやすいかと思われます。
合格率3%くらいしかない門戸の狭い、弁護士試験にて合格を得るためには、独学でする勉強だけだと、容易に事が運ばないようなケースが多々あって、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して受験勉強を行うのが通常であるといえるでしょう。
効率の悪い勉強法をやり続けて、茨の道に入ってしまうということほど、意味の無いことはないでしょう。確かで効果的なやり方で短期間で合格を実現させて、弁護士となって社会に貢献しましょう。
大方の資格取得スクールにおきましては、弁護士を対象とする通信教育(通信講座)が開催されています。それらの中には、iPod・USBメモリなどの携帯機器などを利用して、時代に沿った新しい通信教育を開いている、専門学校・スクールというのもあります。
これから資格スクールで弁護士用の講座を受講したいと思うのですが、すぐ近くにはスクールが1件もない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、学校に通う時間を割くことが難しいなんていった方向けに、それぞれの学校では、空いた時間に勉強できる通信講座の提供を行っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|現実的にレッスンを... | トップ | 弁護士|前もって法律知識ゼ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL