弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|一般的に司法試験と類似した勉強法ですと…。

2017-06-13 21:20:02 | 日記

弁護士に関しては、法律による資格試験の狭き門ながら、様々な年の人たちに人気があるその一方にて、試験合格後には、自分で事務所などをつくり、独立して開業を行うのも出来てしまう有望な法律系専門試験とされています。
サラリーマンをやり続けながら資格の取得を目指して学習して、ついに3度目のチャレンジで弁護士資格試験に合格することができました、小生の経験を頭に浮かべてみても、このところ2〜3年の間の難易度につきましては、著しくアップしてきているように思えます。
実際毎年、2〜3万近くがチャレンジし、多くとも900人ほどしか、合格判定を得ることが出来ません。この状況を見ても、弁護士試験の難易度が高度であるのかが把握できます。
合格を実現することが出来なかった折の、トータルの勉強時間のリスク加減を考慮すると、弁護士資格試験に向けては学校が開催している通信講座、もしくは通学して授業を受ける通学講座を選択する方が、間違いなく無難とみなしています。
言うまでもなく弁護士試験をオール独学で貫くというのは、とても難しいことではありますけれど、立ち向かいたいと思っている受験者は、まず先に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから開始すると良いのではないかと思われます。

今から資格をとるため試験勉強に取り掛かるという人にとっては、「弁護士試験については、どれくらいの学習時間を堅持したら合格可能なのか?」等は、チェックしておきたい点だと推察します。
弁護士資格を取得して、近い将来「誰にも頼らず自分の力で挑戦したい」という確固たる野望を持っている方なら、どれだけ弁護士の難易度の状況が超高いものでも、そのような垣根も間違いなく超えられるでしょう。
合格率の割合に関しては、弁護士の試験の難易度状況を示す基準の1つでございますが、ここ何年かは、この数値が間違いなく低くなりつつあり、受験生の皆さんに注目されています。
実際に弁護士試験におきましては、年齢であったり性別・学歴などの制約はありませんから、どなたであろうとも受験をすることが可能であります。そのため法律に関係する知識を持っていないビギナーでありましても、ちゃんとした受験の対策を行えば、高確率で合格することができるんですよ!
受験制度の作り変えと一緒に、昔からよく見られた時の運の偶然性のギャンブル的ポイントが排除され、現実に能力があるのかどうかといったことが大きく問われる試験へと、弁護士試験の内容はリニューアルしたんです。

国家資格の内でも上位に入っている位の難易度である弁護士試験については、憲法・民法などの11教科の法律から広く設問があるので、合格したいなら、長きにわたる十分な試験勉強が欠かせません。
弁護士試験につきましては、現実的には筆記で解答する問題しか存在せずといったように、判断して問題ないです。と言いますのは、口頭での試験は、余程の出来事が無い限りは不合格にならない容易な試験のためであります。
従前に日商簿記2級や1級レベルを独学の勉強法で、合格を実現された方であれば、弁護士試験におきまして簿記論、財務諸表論のこの2分野に限るなら、双方独学スタイルで合格を勝ち取るということも、難易度が高いチャレンジではないかもしれません。
一般的に司法試験と類似した勉強法ですと、純粋にまっさらな弁護士試験に的を絞った受験生に比べてみて、総勉強量が多大になりやすいものです。その上見合う成果はあらわれず、費用対効果が望めません。
元来科目合格制でございますため、弁護士試験におきましては、お仕事をしている社会人も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験に取り組む期間が長期化することが通例です。今までの諸先輩方の勉強法の具体的手法を手本にすることを提案します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|基本弁護士試験は…。 | トップ | 弁護士|弁護士試験に関しま... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL