弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|実際に…。

2017-06-14 05:00:03 | 日記

一般的に弁護士試験を独学でパスするのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の取り組み方を能率的にするとか、多くの情報をいろいろと確認することで、短期スケジュールで合格しようとすることも、可能でしょう。
勘違いの勉強法で挑んで、わざわざ遠回りしてしまうのは何の得にもなりません。とにかく手際の良い手立てで短い年数で合格を勝ち取り、憧れの弁護士になりましょう。
実際完全に独学で、合格を叶えるといったことは、決して不可能じゃないでしょう。だけども、弁護士の試験につきましては10人受けても、誰も合格できない難易度マックスの試験であります。それを乗り越えるには、確実な勉強スタイル・術を会得することが求められます。
元々、弁護士の資格取得をしようとする折は、たった一人の力で独学にて合格実現を目指す人が少数ということが影響して、その他の法律系資格と比べますと、市販のテキストの数も全くと言っていいほど、出版されていません。
高度な知識や経験を必要とする法律関係の内容で、難易度が大変高いわけですが、されど弁護士試験では、科目ごとの合格システムを採っているため、個々の科目ごと5年にわたり合格するスタイルでも、OKな試験でございます。

つまり弁護士試験とは、弁護士の仕事に就くのに基本とする法令などの知識はじめ、そのことの応用能力が十分あるのかないのかを、判別することを1番の目的に、実施する法律系の国家試験です。
実際に弁護士試験におきましては、年齢・性別といった受験の資格は設けられていなくて、学歴に関しては条件が定められていません。それ故、従前に、法律の詳細な勉強を一度もやったことが無いようでも、知名度が高い大学卒の経歴が無くとも、どんな方でも弁護士の国家資格は得られます。
実際に、弁護士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格を志すのは、非常に困難であるという実態を認識しましょう。例年の合格率が1割いかない状況となっていることからも、疑う余地もなく思い描けることです。
法律系の国家資格でありまして、高度な知識や経験を必要とする役割をする、弁護士や弁護士でありますが、難易度を比べますと弁護士の方がハードで、そしてまたその仕事の内容に関しても、様々に異なる箇所がございます。
当サイトでは、弁護士を対象とする通信教育を、正当に選定することができるように、ニュートラルな見方で評価できる情報を定期的に紹介していきます。それを参考に己自身で取捨選択してください。

頑張って資格を取得し、将来いずれ「自分一人の力で前に進みたい」とした積極的なやる気がある方であるなら、どれだけ弁護士の難易度の状況が高かろうと、その障害物もきっとクリアできるでしょう。
基本的に演習問題を何度も繰り返して見識を深め基礎作りをした後、具体的な学習問題へとシフトする、古典的な勉強法で進めていくのが、弁護士試験の中の簿記論を極めるには、実に役に立つようです。
網羅性を誇る指導書であっても載っていないような、高度な知識が必須の問題については、速やかにとばしましょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度レベルが高い弁護士試験に挑戦するには、重要事項なのです。
実際に司法試験と似た勉強法で実行するのは、新参の弁護士試験オンリーの受験生に比べ、全体の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。それのみか条件に見合った結末とはならず、対費用効果が低くなります。
今の弁護士試験に関しては、実際上は筆記による試験だけしか存在していないというように、考えてしまって結構です。なぜかというと、口述形式の試験は、9割の確率で落ちるはずがない容易な試験のためであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|弁護士試験に関しま... | トップ | 弁護士|実際弁護士の役回り... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL