弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|近ごろ弁護士の通信講座の中におきまして…。

2017-06-15 17:30:03 | 日記

1年に1度、2万名〜3万名程度が受験に臨み、約600名から900名だけしか、合格をゲットできません。その一面を見ても、弁護士試験の難易度の加減がわかってしまいます。
近ごろ弁護士の通信講座の中におきまして、何より1番お勧めの資格取得ツールは、LEC(Legal Education Center) でございます。利用されている教本は、弁護士資格取得を目指す受験生の中で、使いやすさ&網羅性NO.1の専門テキストとして評価が高いです。
このHPは、現役にて活躍をしている百戦錬磨の弁護士が、弁護士試験に向けての適切な勉強法を色々紹介して、及び色々な弁護士専門の通信講座の世間一般での評判のほど、ユーザーの口コミなどを調べ、紹介している専門サイトであります。
的外れな勉強法で挑んで、自ら遠回りをしてしまうことほど、もったいないことはないです。正しく最も良い手段で短期間にて合格を手にして、弁護士になる夢を叶えましょう。
弁護士については、もし全て独学で行っても合格を実現できる国家資格の一つでございます。現時点で、会社員として勤務している人が決心して挑戦する資格としては期待ができますけれども、それと同時にすこぶる難易度も高でございます。

イチから全て独学で通しているけど、学習の時間管理や勉強のやり方等に、少々心配になるなんて場合であったら、弁護士試験に的を絞った通信講座を受講してみるのも、それも1つの選択といえるでしょう。
現実的に法科大学院を卒業した経験者でも、不合格の判定がでることがありえるほどなので、本質を突いた成果が期待できる勉強法を色々考えてチャレンジしなければ、弁護士試験合格を実現するということは難しいでしょう。
ずっと昔から、法律の知識ゼロより取り組み出し、弁護士試験合格に最低限必要とされる受験勉強時間は、「約3000時間」とよく言われています。一般的に実例でも、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間になっています。
日中普通に働きながら、弁護士になることを夢みているような人達も中には存在しているはずだと思いますので、いかに自分の取り掛かれることを日毎ちょっとずつ続けていくといったことが、弁護士試験合格の確率を上げるといえるのかもしれません。
弁護士試験の勉強をしている折には、集中力が持たなかったり、モチベーションアップがハードに思えたりデメリットな部分も経験しましたが、総合的に見て通信講座(通信教育)を申し込んで、合格を勝ち取れたと思っています。

現実30万円以上から、それともまたプラス20万の合計50万円以上の、弁護士資格取得の通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。これに関しましては受講スパンも、1年強の長期の教育コースになっていることが、よくあるものです。
実際とても難しいというように知られている弁護士試験の難易度の程度は、大変高度であり、合格率を見ても僅か3%くらいと、法的な国家資格の内でも、ハイレベルとされる難関の試験となっています。
現実、通学して講座を受けているという人たちと、特に違いが見受けられない勉強を実行するといったことができるのです。そういうことを現実に可能にしますのが、今はもう弁護士資格取得の通信講座の主流である学習教材となったDVDであります。
可能であればリスクを分散、安全な道を選ぶ、用心するに越したことはないといった考えで、弁護士試験に挑戦する折に、プロ教師陣が揃う学校に通う方が効率的ですが、完全独学を選択肢の中に入れたとしても良いといえるでしょう。
学習にかけられる時間が日頃多く確保できる人は、一般的な勉強法によって、弁護士試験に合格できますが、普段から仕事に追われているなど多忙を極めている人にとりましては、ベストな取組方法とは言い切れません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|毎度大抵…。 | トップ | 弁護士|実際合格率が僅か7%... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL