弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|これまでに簿記検定試験1OR2級クラスを独学スタイルで…。

2017-07-11 04:00:00 | 日記

基本的に弁護士試験につきましては、非常に難関といった風に言われる、国家資格のうちの1種です。ここのサイトでは、弁護士試験にストレートで合格するための効率的な勉強法などを、私自身の合格を得るまでの経験を基本として書き記します。
試験を受ける前に会計事務所やまた弁護士事務所にて、経験値を積みスキルを磨きながら、マイペースで勉強していこうというような方でしたら、通信講座の勉強法がおススメかと思います。
丸々独学で貫きたいのは理解できるけど、日程調整かつ勉強の仕方などなど、不安を持つなんて場合であったら、弁護士試験に対応する通信講座(通信教育)を受講するのも、1種のアプローチ法なのであります。
資格取得講座が学べるスクールもカリキュラム内容についてもいろいろございます。であることから、いくつもの弁護士の資格取得講座の中にて、働いている人でも両立して都合の良い時に勉強可能である、通信講座を持っているスクールの比較を行いました。
一般的に法人税法の中身は、ビジネスをする上で、決して欠かすことの出来ない基礎的な知識となっております。だけど、覚えるべきことが沢山あることによって、しばしば弁護士試験の最大の壁とされています。

こちらのサイトでは、弁護士対象の通信教育を、満足のいくようにセレクトすることができるように、ニュートラルに評価できる情報を随時発信していきます。そして以降は、ご本人様でコレと言うものを選んでくださいね。
これまでに簿記検定試験1OR2級クラスを独学スタイルで、合格された人だったら、弁護士試験での簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に限りましては、ある程度慣れているから独学で合格を目指すといったことも、なしえないわけではないでしょう。
日本国内でもトップクラスにランクインする難易度である弁護士試験については、全部で11分野の法律の中より複数の設問があるので、合格を獲得しようとするには、長期に及ぶ勉強が絶対に必要とされます。
合格率のパーセンテージがおおよそ7%というと、弁護士資格試験はかなり難易度が高度そうですが、設定された目安の合計60%以上の試験問題がキッチリ解けたならば、合格を獲得することは確実であります。
巷で人気のユーキャンの弁護士課程に関しては、毎年毎年約2万人の方たちが学んでいて、ほとんど知識が無いような素人だとしても、手堅く資格取得できる能力を基本から習得可能な、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。

完全に独学で弁護士試験合格を目指そうとするなら、自分自身で最善の勉強法を確立する必要性があります。そうしたような場合に、第一に確実な手段は、合格した人たちがしていた勉強法と同じように行うことです。
国家資格取得試験の弁護士試験の合格率のパーセンテージは、10%強と、高難易度とされております割には、合格率が高めとなっています。けれど、一度目で合格を可能にするのは、ほぼ完全に0%だということがわかっています。
一般的に弁護士試験は、年齢であったり性別・学歴などの制限は無いため、年齢に関係なく資格を得ることを目指せます。ちなみに法律の専門的な知識や経験が一切ない素人だとしても、ちゃんとした受験勉強を実行することで、合格できてしまいます。
実を言えばDVDを活用しての勉強やまた、テキストを見て行う受身の勉強法に、若干不安感を持っているわけですが、現実的に通信講座を活用して、弁護士国家資格を獲得した合格者も沢山おりますし、独学する選択をとるよりも、マシであるだろうと受け止めています。
現時点、もしくは将来、弁護士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学にてチャレンジする方のために企画制作しました、情報満載のサイトになります。サイトの中におきましては合格を実現するための押さえておきたいポイントとか、仕事について、及び業務の魅力などをアップしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|司法試験と同等な勉... | トップ | 弁護士|一切独学で貫きたい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL