弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|誰にも頼らず独学での弁護士を目指す勉強法をチョイスする場合に…。

2017-06-17 22:30:01 | 日記

2006年度(平成18年)から、国家試験の弁護士試験は、大幅に改定がされました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、より重視されるようになって、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述タイプの問題のようなこれまでになかった形式の問題も登場しています。
現実的に合格率3%前後の難易度が高度な、弁護士試験において合格を獲得するには、独学スタイルでの受験勉強のみで進めるのは、一筋縄ではいかないことが沢山ありまして、専門学校に通うか、家で通信講座を受けて受験に向け勉強をやるのが世間一般的でしょう。
通信教育につきましては、学習教材の出来が最終的に合否を分けます。近ごろではDVDとかインターネットでの動画配信などの映像系の学習教材も色々提供されていますが、それぞれの弁護士の資格取得スクールによって、教材内容は違いがみられます。
実際消費税法の内容は、弁護士試験の科目内では、そんなにも難易度は高めではあらず、簿記の基礎知識をしっかり持っておけば、割かし困難とせず、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能といえます。
高難度の国家資格試験と名高い弁護士試験に関しては、超頑張らないと確実に合格なんてできないです。もちろん全て独学で試験に合格する場合は、本気で取り組まなければいけません。僅か程度であってもサポートすることができるホームページになったら嬉しいです。

普通通信教育は、弁護士試験に焦点をあてた打つ手を完全にとりまとめた、受験専用の特別教材がございますから、独学するよりも学び方が掴み取りやすく、勉強がスムーズにいきやすいと考えます。
国家試験の制度の修正に伴って、かつてのどう転ぶか分からない賭け事的要素がカットされ、極めて器量があるか否かが見られる試験として、現在の弁護士試験は改められたのです。
誰にも頼らず独学での弁護士を目指す勉強法をチョイスする場合に、とりわけ問題として立ちはだかるのは、勉強中に何か疑問事項があるといった場合があっても、問うことが出来ない点です。
色々利点がある、弁護士学校通学における勉強法でございますけれど、その分数十万円以上のある程度の料金が必須ですから、受験する人が全員通えるわけじゃないでしょう。
弁護士向けの通信講座にて、とりわけ効果的でおすすめなのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。取り扱っている学習書は、多くの弁護士受験者の中で、大変人気の指導書としてとても好評であります。

予備校の弁護士の講座を受講したいけれど、近場にスクール無し、仕事が多忙、家の用事などで学校に行く時間がない等の人向けに、各々の学校にて、通信講座制度を用意しております。
繰り返し演習問題で基礎的な学習能力を養い基盤をつくった後に、具体的な学習問題へと差し替えていく、古典的な勉強法で取り組むのが、弁護士試験を受験する際の必須科目である簿記論の為には、実効性があるようです。
実を言いますと、弁護士を目指すといった際については、一から独学で合格への道を目指すという人があまりいないということもあり、他にある法律系資格と比べますと、役立ちそうな市販の参考書などもいうほど、揃っておりません。
世間一般的に弁護士については、法律による資格試験の狭き門ながら、広い世代に注目されており、そして受験合格後には、自ら弁護士事務所を起こして、営業をスタートすることも選択として選べる法的専門資格取得試験です。
一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という仕組みが、弁護士試験には存在しております。簡潔に言えば、「決められた点未満なら、落ちてしまいますよ」という基準の点数が定められているんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|難易度の高い資格試... | トップ | 弁護士|資格取得講座が学べ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL