弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|実際に難易度がスゴク高い試験に関係無しに…。

2017-07-12 17:00:05 | 日記

このところの弁護士の試験は、合格率の割合が6%前後としたデータがでており、デスクワーク・事務系資格では、高難易の資格と言えます。といいましても、試験の全問題のうち6割正解したら、必ず合格圏内に入ります。
弁護士の合格者の合格率は、1割ほどとされています。つい最近では、法律専門研究の法科大学院という機関が新しくでき、この学部を終えれば、新司法試験を受験する際に必要な資格が授与されます。
一頃においては合格率が10%ぐらいが定番になっておりました弁護士試験だったけども、現在においては、マイナスになり一桁台の数字が続いております。合格率一桁とした場合、難易度が厳しいランキング上位の国家資格として、挙げられます。
いわゆる難関という風によく言われる弁護士試験の難易度の水準は、すごく高めのものになっており、平均の合格率も概ね2・3パーセントと、法的な国家資格の内でも、トップクラスに入る桁違いの難関試験であります。
他と比較してリーズナブルな受講料金や問題の出題範囲を選び抜き、費やす学習量を少なく設定しているカリキュラム制度、精度の優れた学習材などが大人気の資格取得に強いフォーサイト。今日弁護士の通信講座をあげるならココでしょ!と断定できるほど、高人気となっています。

無制限に無い限りある時間を有効に活用し、勉強を進めることができるため、会社に勤務しながらや且つ家事などと両方かけもちして弁護士資格の取得を実現しようと考慮している方たちには、お家にいながらやれる通信講座は、実に都合がいいものです。
日商簿記検定で1級または2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格を得たというツワモノであるならば、弁護士試験での簿記論かつ財務諸表論の2つの科目に限定しては、そちらも両科目独学で合格を目指すといったことも、ハードルが高いことではないのではないでしょうか。
こちらのHPサイトでは、弁護士専用の通信教育(通信講座)を、満足のいくように選び抜けるように、ニュートラルな立場にて評価できる情報を定期的に紹介していきます。それを参考にご本人様で見極めてセレクトしてください。
実際に難易度がスゴク高い試験に関係無しに、1教科ずつ都度受験するといったこともできることによって、そういったことも関係して弁護士試験に関しては、従来より毎年5万以上もの人が受験を行う、難関の試験となっております。
結論から述べますと、専門学校に通わなくともオール独学でも、万全に、弁護士のすべき役目について身に付けることができるのなら、資格を得ることは出来ます。だけど、そのようにするためには非常に、長時間を費やすということが欠かせません。

簡単に言いますならば「足切り点」(第一段階選抜)としたような受験制度が、弁護士試験におきましてはございます。簡潔に言えば、「一定の成績未満なら、落ちてしまいますよ」という基準の点数が設定されております。
一昔前までは弁護士試験の内容は、割合取得することが可能な資格なんて言い表されてきましたけれども、昨今は著しく難関資格になっていて、ちょっとやそっとじゃ合格をゲットすることができないという資格とされています。
無論たった一人で独学で、合格を狙うのは、実現することが可能であります。ですが、弁護士の資格試験は10人挑戦しても、誰も受からない超難易度の高い試験とされています。難関突破するには、優れた学習方法を手に入れることが必要です。
現在、または未来に、弁護士の資格を得るために独学の勉強法で臨む人達に向けた、多様な情報等を配信するサイトです。サイト内では合格を目指すためのチェックしておくと良い注意点や勉強方法の助言、仕事について、及び業務の魅力などをアップしています。
通信講座受講の場合には、弁護士だとしても弁護士だとしても、どちらにせよ自宅までテキスト一式を送付して貰えますから、皆さんの都合の良い段取りで、机に向かうということが可能でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|通信教育に関しては…。 | トップ | 弁護士|勉強できる時間が生... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL