弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|一般的に平均の合格率が約7%と言われますと…。

2017-07-16 22:10:00 | 日記

実際弁護士試験に関しては、そう簡単ではないと言われている、国家資格として挙げられます。このサイトでは、狙う弁護士試験に晴れて合格するために把握しておくべき勉強法等を、受験経験者自身の合格を得るまでの生の経験を基に記載します。
簡単に言うなら試験での点数には「足切り点」といいます注意すべき制度が、弁護士試験においてはあります。言い換えれば、「規準点を満たしていないケースですと、不合格です」という基準の点数が設けられているのです。
丸々独学で進めているけど、日程調整かつ学習法などに、気になる点が存在するといった時なんかは、弁護士試験を対象としている通信講座を申し込むのも、一つのスタイルであるでしょう。
専門学校の弁護士用の講座を受講したいと思うのですが、近いエリアにそういった予備校がない、会社が忙しい、予定がつまっていて学校に通う時間がとれないという受験生たちのために、多くのスクールにおいては、好きな時間に勉強すればよい通信講座を用意しております。
難所である税法の科目「理論暗記」を主として、弁護士試験の効率的な勉強法、加えて脳を鍛えるトレーニング方法、速聴・速読法ということ等についてもくまなく調べています!これ以外にも他効率が良い暗記法であるとか、勉強に、便利なツールを皆様に提供していきます。

このサイトは、経験豊富な弁護士が、弁護士試験の効率的な勉強法を教え、並びに多くの弁護士対象の通信講座の受験生の間でのランキング、口コミ投稿etc.の調査を行い、まとめたHPとなっています。
最初から会計事務所だとか弁護士事務所に入社し、いろんな経験を積んでスキルアップしながら、確実に学習をしていくとの考えの人なら、しいて言うなら通信講座が1番合っているだと言えます。
一般的に平均の合格率が約7%と言われますと、弁護士資格試験はスゴク難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、特定の基準に基づいた総体的に60%を超える問題がバッチリ解けるようであれば、合格を獲得することは絶対でしょう。
今日び、専門スクールに通ってベテラン講師陣から直に教わっている方たちと、大きくは変わらないような勉強が行えます。この点を可能にするツールが、今となっては弁護士通信講座のメジャーな教材といわれているDVDによるものです。
仮に日商簿記検定試験1・2級を完全独学で、合格された人だったら、いざ弁護士試験の簿記論や財務諸表論の2種の科目だけは、ある程度慣れているから独学で合格を狙おうとすることも、不可能なことではないと思われます。

無論のこと独学スタイルで、合格を狙うのは、やってやれないことではないです。しかし、毎年弁護士については全10名受けて、1人も通過できないときもみられる高い壁の法律系国家試験です。見事突破するためには、能率的な勉強方法をマスターするべきです。
法律系資格の中で、深い知識・経験を要する業務を担う、弁護士と弁護士でございますが、難易度を比較すると弁護士の方が難関で、さらに業務の詳細につきましても、沢山違っております。
近ごろの弁護士におきましては、めちゃくちゃ難易度が高い内容になっていて、通信教育をどれにするかで、合否の分岐点が生じます。けれども、種々の会社が見られ、どの会社を選ぶと確実か、迷う方もおられるかと思われます。
全て独学で弁護士試験合格を叶えるためには、ご自分で最善の勉強法をあみださなければいけないです。そうした際に、殊にGOODなテクニックは、過去の合格者がとっていた勉強法を全て真似てしまうことです。
DVD教材や、テキストだけでの勉強の進め方に、僅かに心配&不安があったりするのですけど、現実で通信講座を受け、弁護士国家資格を獲得した合格者も沢山おりますし、それ故独学スタイルよりは、マシではないかと思うのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|実際現在の弁護士に... | トップ | 弁護士|今日び…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL