弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|一般的に弁護士の合格率の数値は…。

2017-07-11 15:10:08 | 日記

このインターネットサイトに関しては、現役で活躍している弁護士が、弁護士試験の有効な勉強法のコツを紹介し、弁護士を対象としている通信講座(通信教育)の評価、リアルな意見などをリサーチし、解説をアップしているポータルサイトです。
実を言いますと、弁護士の資格をとる際は、一から独学で合格を得ようとする人が少ない状況であり、実は他の法律系資格と比べますと、使える市販教材もさほど、つくられておりません。
法律系の国家資格として誇り、特殊な業務を担う、弁護士&弁護士ですけれども、難易度を見比べると弁護士の方が一段と壁が高くて、なおかつお仕事内容についても、随分違いが見られます。
すなわち弁護士試験については、弁護士として活躍するために要必須な法令などの知識はじめ、その応用する力や素質をしっかり身につけているかどうなのかを、判断することを大きな目的として、行われております法律系の国家試験です。
一般的に全ての必須科目の標準の合格率については、およそ10〜12%くらいで、色々あるほかの高難度の資格より、高い合格率に見えてしまいますが、これは各科目の合格率ということであって、弁護士試験それ自体の合格率ではないのです。

弁護士試験の注目すべき特色に関しては、設定された目安に基づいて評価を実施する試験法となっており、資格合格者の総数を決定していないので、言ってしまえば試験問題の難易度ランクが、確実に合格率に深く影響します。
現実司法試験と等しい勉強法ですと、新たな弁護士試験オンリーの受験生に比べ、学習量が膨大なものになりがちです。その上満足のいく成果はあらわれず、コストと効果のバランスが悪いです。
基本通信教育は、テキストはじめ教材全体の質が大きく影響します。この頃はDVDとかインターネットでの動画配信などの映像系教材も豊富に揃っていますが、それぞれの弁護士の資格取得スクールによって、指導方法は相当違っております。
色々存在している弁護士の通信講座のうちでも、特にオススメのものは、LEC(Legal Education Center) でございます。活用する教本は、弁護士の受験生の中で、最も優れた学習書として評価が高いです。
現実国家資格の中でも、難易度高の弁護士の職種でありますけれど、他よりも合格へ行き着くまでの道が困難極まりないからこそ、資格をゲットした先々には確実な就職やお給料、そして高い階級の立場を構築できる現実も近づきます。

あらゆる情報を集めている指導書であっても掲載されていない、知識が必要になる問題に関しましては、スグに諦めるといいです。やはり踏ん切りをつけることも、高難易度の弁護士試験に挑戦するには、重要事項なのです。
難易度高の「理論暗記」から弁護士試験に向けての質の高い勉強法、加えて脳を鍛えるトレーニング方法、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましてもオール調査!これ以外にも他効率が良い暗記法とか、勉強に取り組む上で、実用的なツールを掲載していきます。
超難関と誰もが知る弁護士試験の難易度状況は、著しく高めのものになっており、合格者の合格率も2パーセント〜3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、トップクラスに入る最難関試験といえるでしょう。
現に法科大学院の卒業者であろうと関係なく、不合格となってしまうことがあるわけですので、つぼを押さえた効果的な勉強法を検討し真面目に取り組まなければ、弁護士試験合格を実現するということはメチャクチャ大変でしょう。
一般的に弁護士の合格率の数値は、約1.75%と認識されています。現在、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院という機関が新しくでき、全過程の学業を修め終えれば、新司法試験を受験することが可能な資格をゲットすることが可能です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|実際科目合格制度の…。 | トップ | 弁護士|基本科目合格制度が... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL