弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|国家資格の中においても…。

2017-08-10 19:50:13 | 日記

学習する時間が毎日一杯ある受験者は、オーソドックスな勉強法にて、弁護士試験で合格を目論むことも可能ですが、別の仕事を持っているなど制約される条件がある方にとっては、ベストな取組方法ではございません。
毎年弁護士資格の合格率は、1・2%程度と言われています。ここ数年、国内でも米国をモデルにした法科大学院が建てられ、この学部を修め終えれば、新司法試験を受けられる資格をゲットすることが可能です。
今現在、それとも数年以内に、弁護士の資格を得るのに一切独学で挑戦する受験生対象の、情報満載のサイトになります。その中では合格をする為の術・ヒントや、仕事の内容、業種の魅力などを様々に伝えております。
弁護士に関しては、もしも全部独学だとしても合格可能な資格の一つといわれています。中でも現今、サラリーマン・OLなどの方が意欲を持って狙う資格としては可能性が高いわけですが、隣りあわせで高難易度とされております。
昨今の弁護士に関しましては、めちゃくちゃ難易度の高い問題が出され、通信教育の選択方法で、合否の判定が分かれてきます。そうは言っても、種々の会社が見られ、どこを選ぶと最善であるのか、なかなか決められない人も多いでしょう。

基本弁護士試験におきましては、各々の科目あたり120分しか試験時間がないものです。その時間内に、合格域に入る点数を確実にとらねばならないので、やはり処理能力は必要であります。
昨今の弁護士につきましては、リアルに合格率が6%位と周知されておりますので、事務職系の資格の中においては、難関といわれている資格だと言えます。けれども実際のところ、出された全問題の内の正解数6割を超えれば、合格することが出来ます。
これから資格を得るために受験の勉強に取り組む方にとっては、「弁護士試験に対しては、いくらくらいの勉強時間を維持したら合格するのか?」等は、大いに気になる所だと思われます。
前から、法律知識がゼロの段階から取り組んで、弁護士試験合格に絶対に要る試験勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。実際に初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、3000時間超とされています。
中でも弁護士試験につきましては、メチャクチャ難関の国家資格試験となっているんで、とりあえず弁護士対象の専門学校に通うようにする方が、無難な選択です。しかしながら、オール独学であれど各々の人によっては、その方法が合っていれば合格への道が近いといったような事例もあるようです。

実際に弁護士試験の勉強をやる上におきましては、集中力維持が難しかったり、やる気を持ち続けることが大変だったりとしたデメリットな面も見られたわけでありますが、全体として通信講座をやって、満足のいく結果が出たと心底思います。
弁護士試験につきましては、実質的には筆記形式の試験しかこなさなくてよいと、考えてもOKです。と言うのも、口頭での試験は、よっぽどの事が無い限り落ちるはずがない容易な試験だからでございます。
国家資格の中においても、高い難易度とされている弁護士とされておりますが、しかしながら合格を切り開く過程が難関であるからこそ、ついに資格取得を果たした先は需要の高さや年収、より高い地位を作り上げることができるということも考えられます。
どういう予想問題集などで会得するのかといったことよりも、どの勉強法を取り入れ学習を進めるのかという方が、明白に弁護士試験で合格を勝ち取るためには重要なのです。
税金について定められている消費税法は、弁護士試験の科目内では、それほどにも難易度は高度ではないもので、基礎的な簿記の知識をキッチリ身につけておくことによって、割と楽に、合格点数を獲得するといったことが可能となります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|実際初めから法律の... | トップ | 弁護士|実際にいつも…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL