弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|今日の弁護士に関しては…。

2017-10-19 10:50:00 | 日記

基本的に弁護士試験につきましては、そう簡単ではないと言われている、国家資格として挙げられます。このサイトでは、目的の弁護士試験に必ずや合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、自分の合格を掴むまでの体験談をベースとして公開します。
色々ある国家資格と比較しましても、高い難易度とされている弁護士であるわけですが、合格というゴールへ到達するまでの工程が簡単ではなく辛いからこそ、ようやく国家資格を得た後は人材の受け入れ先の多さや年収増、そして高い階級の立場を得ることが出来る現実も近づきます。
ここ何年かいつも、弁護士試験の現実的な合格率については、ほぼ2〜3%強といわれています。必須とされる学習期間との釣り合いに目を留めると、弁護士の資格取得試験がどれほど難易度が厳しいかイメージすることができるのではないでしょうか。
一言で言うと「足切り点」(ボーダーライン)というような仕組みが、弁護士試験には設定されています。つまるところ、「一定レベルの点に到達していないと、不合格扱いになる」との数値がございます。
私自身弁護士試験の勉強を進める中では、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションを上げることが簡単ではなかったりというようなデメリットな部分も実感しましたけれども、全般的に通信講座を選択して、本当に良かったというように思っております。

資格を獲得して、数年後「独力で新しい道を開く」というような大きな野望を持っている方なら、どれほど弁護士の難易度レベルが高い場合でも、そのハードルも確実に乗り越えることができると思います。
世間的に弁護士の資格取得は、国家資格試験の難しい関所でありながらも、男女問わず・世代関係ナシで注目されており、そして合格となった後には、すぐさま自分の営業所を持って、はじめから独立・開業の道も実現できる法律系国家試験の一つです。
1年に1度、2・3万名位が試験を受け、そのうちの600人から900人強しか、合格を実現することができません。その点を鑑みても、弁護士試験の難易度の高さが把握できます。
勉強時間が毎日不足なくあるという人でしたら、普遍的な勉強法を行えば、弁護士試験に合格する可能性が高いですが、別の仕事を持っているなど多忙な人に対しましては、良い方法だとは言えないでしょう。
今日の弁護士に関しては、スゴク難易度が高い内容になっていて、通信教育をどれにするかで、合否判定が決まってしまいます。されど、同業社がいっぱいあるので、どこにすると合格を実現できるか、決めかねる受験生も多いと存じます。

常に何でも「法律を基軸とした考えることが可能な人物」であるかないかを確認されているみたいな、相当高難易度の法律系国家試験になってきていますのが、つい最近の弁護士試験の現実の姿といったように思われます。
今の時点に皆さんが、国家資格の弁護士の実際の合格体験記の類を、色々わざわざ調べてチェックを入れる理由とは、きっと、どんな勉強法・進め方がご自身に効果的なのか、思案しているからでしょう。
1教科ごとの合格率の数字に関しては、概ね1割強と、それぞれの教科とも難易度が高くなっている弁護士試験は、科目合格制度を設けているため、働きつつ合格を獲得することができる、資格なのです。
実際独学での弁護士資格取得の勉強法を選択する際に、とりわけ問題として出やすいことは、勉学に励んでいる中にて不明な点が出てきた時点で、誰にも聞くことが出来ないことです。
基本演習問題をリピートし見識を深め基盤をつくった後に、実践に基づく応用の問題へと差し替えていく、昔からのオーソドックスな勉強法を行うのが、弁護士試験の中の簿記論科目に関しましては、実効性があるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|必須分野の5科目に... | トップ | 弁護士|実際に講座を学ぶこ... »

日記」カテゴリの最新記事