弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|前もって法律知識ゼロにも関わらず…。

2017-06-20 00:40:01 | 日記

科目合格制が採用されている、弁護士試験に関しては、同時期に一斉に、5種類の科目を受けることは義務付けられていなくて、それぞれの科目ごとで受験してもよい仕組みです。先に合格をゲットした科目は、いずれ弁護士となるまで合格は取り消されません。
前もって法律知識ゼロにも関わらず、短期学習で弁護士試験に合格できる人もおります。彼らのほとんどにある共通される事柄は、自身にピッタリの「質の高い勉強法」を取捨選択するということが出来た点であります。
現実国家資格の中でも、高い難易度とされている弁護士となっていますが、何よりも合格への道筋が容易ではないほどに、資格取得を成し遂げた先には需要の高さや年収、かつまた社会的身分の高い立ち居地を築けるといったことも確かです。
一般的に会計事務所または弁護士事務所に勤務して、現場で実戦経験を増やしながら、徐々に勉強していこうというような方でしたら、どちらかといって通信講座(通信教育)がピッタリ合っているだろうと思います。
現時点皆が、人気No.1弁護士の合格までの詳しい体験記録といったものを、あれやこれやと集めて見られている理由は、ほぼ、どういう取り組み方や勉強法が己に最適であるのか、思い迷っているからでしょう。

お仕事をやりつつ勉強を両立して、ようやっと3度の試験にて弁護士に合格することができた、自身の過去を振り返っても、今はちょっと前より難易度は、相当アップしてきているのではないでしょうか。
弁護士試験においては、全体の合格率が6%あたりと言われていますので、デスクワーク・事務系資格では、難関といわれている資格に入ります。といいましても、全ての試験問題の中約6割正解すると、合格確実です。
法律系資格の中で、深い知識・経験を要する職務を果たす、弁護士と弁護士でありますけれど、難易度の高さは弁護士の方が厳しく、なおかつ仕事の内容に関しても、色々と異なりがあります。
ほぼ独学の取り組みは褒められるけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強の仕方などなど、少々心配になるといったような場合は、弁護士試験を対象としている通信講座に頼るのも、それも1つの選択かと考えます。
毎年毎年、弁護士試験の合格率の値につきましては、約2〜3%辺りとされます。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間との相互の兼ね合いで考えると、弁護士の試験がどれ程までに難易度レベルが高いものであるか分かるでしょう。

基本的に弁護士の職種は、たった一人で独学だったとしても合格を叶えられる資格といえるでしょう。中でも現今、仕事をしている人が奮起して取り組む資格としては期待大でありますが、背中合わせで難易度も著しくハイレベルです。
現実的に30万円以上〜、さらに時には合計50万円以上する、弁護士試験向けの通信講座といったものもよく見られます。これに関しましては受講スパンも、1年以上続く長期にわたっての教育コースになっていることが、ままあります。
目下、それとも数年以内に、弁護士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で挑戦する方々あてにつくった、情報配信サイトになります。当サイトにおいては合格する為の工夫や、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等を毎日発信しています。
弁護士に関しては、国内の法律資格試験の登竜門とされ、男女問わず・世代関係ナシで高人気であるのですが、合格が決まった未来には、個人事業で会社をイチから構え、営業をスタートすることも出来る法律系認定試験といわれています。
弁護士の合格を実現するためには、適切な勉強法で実行するのが、極めて大事といえるでしょう。このホームページでは、弁護士試験の受験日程はじめ問題集の選択方法など、受験生にとって便利な色んな情報をお届けしております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|現実的に弁護士の業... | トップ | 弁護士|いかような参考書に... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL