弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|難易度レベルが高い「理論暗記」を中心に取り扱い…。

2017-07-17 19:00:01 | 日記

現実1教科ずつ受験できる科目合格制が採用されていることから、弁護士試験は、多忙な社会人受験者も受験しやすいわけですが、その反面、受験生活にかかる期間がずっと続くことが一般的です。たくさんの諸先輩の適切な勉強法をお手本にすることをお勧めします。
安価や問題範囲を絞り、学ぶ量を少なめに設けた独自の教程、優良な教材一式などが人気である通信教育の「フォーサイト」。事実弁護士通信講座を一つ挙げるならコレと言えるくらい、高人気となっています。
難易度レベルが高い「理論暗記」を中心に取り扱い、弁護士試験の勉強法のポイント及び頭脳の開発、速聴方法・速読方法といったことについても徹底的に追求!このこと以外にも効率イイ暗記法ですとか、勉強をする中で、便利なツールを当サイトで発信していきます。
数年前までは弁護士試験に関しましては、他の資格と比べて入手しやすい資格と周知されていましたが、この頃は大変壁が高くなってきていて、ちょっとやそっとじゃ合格をゲットすることができないという資格とされています。
日商簿記検定で1級または2級を独学の学習で、合格を得た方でありましたら、弁護士試験での簿記論ですとか財務諸表論の2種類に限定しては、双方独学スタイルで合格を目指すといったことも、厳しい挑戦ではないのでは。

現時点皆が、弁護士の試験合格体験談の類を、色々わざわざ探し求めて拝見しておられるワケは、十中八九、どういうような勉強法がご自分に妥当なのか、迷いがあるからではないでしょうか。
今の弁護士試験に関しては、実際は筆記試験(記述式問題)だけしか無いものであると、考えてもOKです。その理由は、口述試験に関しては、何か無い限り不合格になることのない容易な試験だからでございます。
各々の教科の合格率の数字に関しては、大まかに10%強というように、全科目とも難易度が高度な弁護士試験は、1回に全部合格する必要の無いので、働きつつの合格も無理ではない、間口の広い資格といえます。
基本弁護士試験の主な特徴を挙げると、定められた基準を軸に評価する試験法となっており、合格できる定員人数をハナから決定付けていないから、受験問題の難易度の加減が、明確に合格率につながってくるのです。
簡単に言いますならば「足切り点」(第一段階選抜)としたような厳しい仕組みが、弁護士試験には設定されています。つまるところ、「一定の成績に到達していないと、不合格となります」なんていう数字が設定されております。

通常弁護士試験は、年齢であったり性別・学歴などの制限は設けられておりませんから、どんなに若くても年を経ていても資格取得を狙うことが出来るようになっております。万が一法律に関しましての知識・経験が全然無くとも、キッチリ受験への対応策をとれば、合格することも不可能ではないですよ。
将来資格をとろうと受験学習に着手する方にとっては、「弁護士試験に関しては、どれ程の学習時間を持ったら合格できるのか?」という問いは、気になる点だと思います。
一切独学のみで勉強をするとした、心の強さはありませんが、もしも自身の進行加減で学べればという人の場合は、強いて言いますと弁護士資格の通信講座(通信教育)の方が、好都合な勉強法といえるのでは。
基本演習問題をリピートしよく理解し地ならしを行った上で、具体的な学習問題へと差し替えていく、フツーの勉強法でやるのが、弁護士試験を受ける上での簿記論に向けては、とても有効なようです。
弁護士の役を担う身近な街の法律家として、活動に期待が集まる弁護士に関しては、威信を伴うとされる資格です。当然、それだけ試験の難易度の度合いにつきましてもメチャクチャ高いものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|誰にも頼らず独学で... | トップ | 弁護士|一切独学でやってい... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL