弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|こちらのHPサイトでは…。

2017-06-20 16:40:11 | 日記

無駄が多い勉強法を実行して、自ら遠回りをしてしまうことほど、残念なことはありません。絶対に1番GOODな勉強法により短期間で合格をゲットし、夢の弁護士の道を切り開きましょう。
こちらのHPサイトでは、弁護士用の通信講座(通信教育)を、適正に選定できるように、客観的な見方により判定できる内容を掲載していきます。その先は自らが最適なものを選んで。
当ホームページは、現役で活躍している弁護士が、弁護士試験のおススメ勉強法をアドバイスし、様々にある弁護士向けの通信講座の巷での評判、利用者の感想等の調査を行い、掲載している弁護士に特化したサイトとなっています。
事実、弁護士試験は、高い難易度を誇る国家試験というように言われておりますので、とりあえず弁護士対象の専門学校に足を運んだ方が、無難な選択です。ただし、オール独学であれど各々の人によっては、非常にスムーズに行くというような実例もよくあります。
今時は弁護士試験に打ち勝つための、インターネット上のサイトページであるとか、ベテランの弁護士が、受験生たちに向け勉強のコツなどを教えてくれるメルマガ等を発信していて、情報力や意気込みを長期間保ち続けていくためにも使用することができます。

現実司法試験と等しい勉強法で実行するのは、新たな弁護士試験に限る受験生よりも、合計の勉強量が大変多量になりがちでございます。それに加えて条件に見合った成果は見られず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
基本弁護士試験におきましては、年齢はじめ性別・学歴等の限定はされていませんから、どんなに若くても年を経ていても資格を得ることを目指せます。もし法律関係の知識・経験が全然無くとも、十分な受験の対策を行えば、合格を実現することも可能であります。
言うまでもありませんが、弁護士試験を受けるには、いい加減なやり方でしたら満足のいく成果がみられない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。結局のところ勉強にあてることができる時間を上手く使用して受験勉強に努めたという方のみが、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
すべて独学でやっているけど、時間の管理や且つまた試験勉強方法等に、気になる点が存在する等の際においては、弁護士試験用の通信講座(通信教育)を受講するのも、ひとつのアプローチ方法といえます。
一言でいいますなら「足切り点」(第一段階選抜)としたような仕組みが、弁護士試験には存在します。要するに、「規準点未満なら、不合格となります」という水準点がはじめに設定されているのです。

従来は弁護士試験の受験は、相対して合格を得られやすい資格なんて言い表されてきましたけれども、今日びすっごく難易度がアップし、超合格をゲットすることができないという資格とされています。
学習に集中することが可能な時間が生活の中でいっぱいとれるといった人なら、普遍的な勉強法でやれば、弁護士試験で合格を得ることも可ですが、常時お仕事等時間的に制約条件があるという方には、確実な術だとは言えないと思われます。
世間一般的に弁護士に関しては、全て独学で行っても合格を手にすることができる資格といえます。現時点で、仕事をしている人がやる気を出して志す国家資格としては期待大でありますが、裏腹でかなり難易度も高いレベルを誇っています。
関門であるといわれております税法の科目「理論暗記」を主として、弁護士試験の勉強法のポイント及び頭脳の開発、速聴法・速読法ということについてもくまなく調べています!そのこと以外にも暗記テクニックとか、勉強に取り組む上で、重宝するお役立ちツールをこのサイトで情報発信していきます。
基本的に弁護士試験の独学での合格は、難関ではありますが、勉強の進め方をいろいろチェンジするとか、把握しておくと良い情報を積極的に収集することで、短い時間&少しの勉強量で合格することを目指すというのも、可能といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|法科大学院(専門職... | トップ | 弁護士|実際にU-CAN(ユーキ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL