弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

弁護士|目下皆様が…。

2017-06-22 19:40:01 | 日記

簡単に述べますと「足切り点」(第一段階選抜)としたような門前払いのシステムが、弁護士試験にはございます。つまりは、「一定レベルの点以下ならば、通過できずに不合格となりますよ」という規準点がございます。
科目合格制が設けられております、弁護士試験においては、1度の試験にて一気に、5科目全部を受験するといった規則はなく、時期を分けて一つの科目ごとに受験しても良いシステムとなっています。合格した科目については、その後弁護士資格取得まで合格は取り消されません。
従前は合格率約10%以上が普通だった弁護士試験でありましたけど、今となっては、一桁の割合となって定着しています。合格率が全体の一桁といいますと、難易度が厳しい難関国家資格として、広く認識されます。
近ごろ弁護士の通信講座の中におきまして、一際お薦めしたいのは、合格実績が高いLEC です。採用している学習書は、弁護士資格取得を目指す受験生の中で、特に良い専門テキストとして定評を得ております。
実のところ、全般的に弁護士資格をとろうとするケースにおいては、学校にも通わず独学スタイルで合格への道を目指すという人があまりいないということもあり、実は他の法律系試験と照らし合わせると、役に立ちそうな市販の学習材もろくに、揃っておりません。

実際に教師陣の講座をその場で受講できる専門学校へ通うプラスの点は、そそられますが、常に一定のやる気さえキープし続けることができましたら、弁護士通信教育での勉強で、望んでいる力をつけていくことが可能でしょう。
限られている時間を上手く活用して、学習に取り組めますため、会社に行きつつや且つ家事などと両方かけもちして弁護士の難関資格を勝ち取ろうと思い描いている方にとりましては、手を付けやすい通信講座は、かなり都合良いものであります。
果たしてどんな問題集を利用して勉強を行うのかということよりも、どういう能率的な勉強法で進めるのかということの方が、断然弁護士試験で合格を勝ち取るためには重要視されます。
目下皆様が、弁護士の合格への流れを記載した体験の覚書などのものを、様々情報を探し回って目を通しているワケは、大半が、どういうような勉強法が自分自身に妥当なのか、葛藤しているからでしょう。
合格率の割合が7%程度と、弁護士試験は難易度レベルが高めの難関試験であります。ですけど、あんまりビビることはありません。コツコツ努力を重ねることにより、あなたも確実に合格への道は目指せるんです!

弁護士の代わりになる「暮らしの法律屋」として、様々な問題の解決などでサポートする役目を果たす弁護士の受験に、学歴や資格は何も定められていません。基本受験したいと思えば誰もが皆さん臨むことができますから、通信教育の中においても、年齢・性別に関わらず多くの人たちに関心が向けられている法律系資格となっています。
実際弁護士試験は、合格率が約6%という風に言われていて、実用的な事務系資格の内では、高難易の資格とされています。とは言っても、全ての試験問題中正解数6割を超えれば、合格間違いなしです。
練習問題により見識を深め土台をつくってから、試験対策の全体問題演習へとレベルアップしていく、確立された勉強法を行うのが、弁護士試験の上で試験科目の簿記論にとっては、かなり効果的みたいです。
ここ数年、弁護士試験合格者の合格率は、ざっと2〜3%ほど。勉強にあてる総時間数とのバランスを一考すると、弁護士の国家試験がどのくらい高難易度の試験であるのか察することができると思います。
資格専門スクールの弁護士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近所にそういった予備校がない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、学校に通学しようとする時間がないという受験生たちのために、それぞれの学校では、空いた時間に勉強できる通信講座を提供しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|弁護士資格に必須の... | トップ | 弁護士|非常に難関とされる... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL