最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

合格率の数字が7%ほどと…。

2017-06-19 19:50:03 | 日記

国家試験制度の改定実施において、従来の運・不運に振り回される不確定な博打的要素が一切なくなり、事実上スキルあり・なしの力量がジャッジされる資格試験へと、今日の公認会計士試験はベースからチェンジしました。
基本的に通信教育の講座では、公認会計士試験対象の事前策を万全にした、特化した学習材があるので、独学でやるよりも勉強方法が習得しやすく、勉強が行いやすいでしょう。
勉強できる時間が連日存分にあるという方は、普通の勉強法を行えば、公認会計士試験で合格できるかもしれませんが、別の仕事を持っているなど時間的に制約条件があるという方には、最善な方策ではございません。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、学歴に関しては指定はないものです。それ故、従前に、法律に関する詳しい勉強を何にもしたことがないような素人であろうとも、名の知れた学校を卒業した学歴を持っていなくても、公認会計士資格は取得可能であります。
全て独学での公認会計士の勉強法を選択する時に、殊に壁となる可能性があるのは、勉強を行っている中で疑問と感じることが一つでも生じたという折に、教えてくれる人がいないことです。

元々公認会計士試験は、超難しいです。合格率の数字は、10%程となっています。とは言え、一度に限った試験ではなくって、5年間くらいかけて合格獲得を目指すのであったら、それ程困難なことではないと思います。
法律系の大学を卒業していなくとも、実務の経験がなくっても公認会計士の資格を取得することはできますが、それだけに一から独学である場合は、学習時間も要必須です。私自身も一から独学にて合格を得たので、思い知っています。
実際に多くの資格取得スクールにおきましては、公認会計士を対象とする通信教育(通信講座)があるものです。そういった中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代の先端を取り入れ新しい勉強法で通信教育を受講することが可能である、学校も登場しております。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ試験となっています。とは言っても、度を越えて恐れる必要はございませんよ。必死に頑張り続ければ、老若男女誰にでも間違いナシに合格は目指せるでしょう。
最難関の税法の科目「理論暗記」を主として、公認会計士試験の勉強法のポイントかつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴や速読といったことなどについてもオール調査!他暗記法の秘訣だったり、受験勉強に、重宝するお役立ちツールをこのサイトで情報発信していきます。

一般的に法律系の国家資格であり、専門的特性のお仕事をする、公認会計士はじめ公認会計士ですが、難易度を比較すると公認会計士の方がハードルが高く、加えてその執り行う業務の詳細にも、色々な点で違っております。
公認会計士の試験で合格するためには、原則的に効率良い勉強法で取り組むのが、何より大事といえます。こちらのサイトにおいては、公認会計士試験の試験日であったり使える本のセレクト法など、受験生に向けて重宝する様々な情報を発信しています。
通信講座受講の場合には、公認会計士であろうと公認会計士にしても、両方住まいまでテキストのセット等を郵送していただけますため、自分自身のペースで、机に向かうことができるのです。
他と比較してリーズナブルな受講料金や学習範囲を選定し、総学習量を出来るだけ減らしたコース、高い精度の教材関係などが大人気の資格取得に強いフォーサイト。近ごろ公認会計士の資格をとる通信講座と言えばココがベスト、と断言できるくらい、高い好評を得ています。
公認会計士試験に関しましては、大卒でなければいけないなど学歴等の受験資格は設けていないので、どういった人であれど受験可能でございます。そのため法律に関係する知識を持っていないビギナーでありましても、イチからしっかり受験に対しての方策を立てることで、合格をゲットすることができるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オール独学で公認会計士試験... | トップ | 今日は公認会計士試験の対策... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL