最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

安価や問題出題範囲を選んで…。

2017-05-16 22:50:00 | 日記

法律を専門に勉強しておらずとも、実務の経験がなくっても公認会計士になることは可能ですが、ともあれオール独学は、物凄い勉強量をこなすといったことも絶対に外せません。まさに私も一から独学にて合格を得たので、ひしひしと思うわけです。
安価や問題出題範囲を選んで、学ぶ量を減らしたスケジュール、高精度のテキストブックなどが人気を得ている通信教育サービスのフォーサイト。公認会計士の通信講座と言えばこの会社!とされるくらい、高い人気がございます。
基本的に公認会計士試験の特有性に関しましては、指標に基づき評価を行う試験とされているもので、合格者の定員数を最初から設けておりませんので、受験問題の難易度の水準が、リアルにそのまま合格率に大きく反映されることになります。
基本的に、公認会計士試験に全て独学にて合格を得るのは、とても難しいということを理解しておこう。それについては合格率が毎年10%を超えることのない現実からみても、誰の目にも明らかに思い浮かべることができるはず。
日中会社に通勤しながら並行して勉強を行い、何とか3回の受験で公認会計士合格を獲得しました、己の実経験を振り返ってみても、ここ数年の難易度の程度は、かなり高難度になってきているような気がしております。

通常多くの人たちは、よく知られた会社だから確実なハズ等の、根も葉もないテキトーな動機で、通信教育を決めてしまいがち。ですが、そんな選び方でいざ公認会計士試験に、合格は出来ないと思います。
近ごろ公認会計士の通信講座の中におきまして、とりわけお薦めしたいのは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。用いる専門のテキストは、公認会計士の受験生の中で、最も実用性優れたテキストブックとして注目されています。
わかりやすく言いますと公認会計士試験は、公認会計士として活動するのに必ず要る専門的な学識、かつそのことを活かす技量が十分あるのかないのかを、審判することを1番の目的に、公的に開催されている最高峰の国家試験です。
専門スキルの高い法律系の内容であるので、難易度がかなり厳しいものですが、とは言っても公認会計士試験に関しましては、便利な一部科目合格制が実施されているので、一つの教科毎に5年間にわたりその都度合格をしても、良いとされる試験となっております。
もちろん公認会計士試験を独学でやるのは、めちゃくちゃ高難度なことであるのですが、独学にて挑みたいと思っている受験者は、先に必須とされる会計科目の学習から取り掛かると良いのではないかと思われます。

現在数多くの方々が、公認会計士の合格に至るまでの事細かな体験談などを、沢山情報収集してチェックを入れる理由とは、十中八九、どういうような勉強法が自らに妥当なのか、悩んでいるからではないでしょうか。
結論から述べると、現実的に独学で取り組んだとしても、万全に、公認会計士のすべき役目について身に付けることができるのなら、資格を有することは可能となります。ただし、それにはよほどの、長時間を勉強にあてるといったことが必要です。
公認会計士さんに代わる街の法律専門家として、社会的に活躍が期待される公認会計士においては、社会的身分の高い法律系資格であります。その分、同時に試験の難易度の程度についてもかなりハイレベルです。
現実的に完全独学での公認会計士受験の勉強法を選ぶ状況で、殊更障害となることは、勉強に取り組んでいる途中に分からない点などが出てきた様なときに、教えてくれる人がいないことです。
法律系の資格の中におきましても、専門知識が要求される業務を執り行う、公認会計士や公認会計士でありますが、難易度のレベルは公認会計士の方がより難しめで、合わせて執り行う業務の詳細にも、沢山違うのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いざ個別の論点に取り掛かり... | トップ | オール独学で進めているけど…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL