最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

現に法科大学院の修了者であろうと…。

2017-07-31 11:50:04 | 日記

実のところ、全般的に税理士資格取得の際には、たった一人の力で独学にて合格をしようとする受験者が少数派といったこともあり、実情別の資格試験と比較して、市販の教科書もほとんど、出版されていません。
ハードルが高い資格取得試験とされている司法書士試験については、ちょっとやそっとの努力なんかでは確実に合格なんてできないです。もちろん独学にて合格を目指そうとするなら、めちゃくちゃ努力しないとなりません。けれども僅かでもお役に立つサイトとして使用してくれればハッピーです。
中には30万以上、さらに時には50万円超えの、司法書士資格取得の通信講座なんぞも珍しいことではありません。高額の講座は期間も、1年以上続く長きに渡る受講コースで組まれているといったことが、ままあります。
日本の国家資格のうちでも非常に難関と言われている難易度である司法書士試験については、憲法はじめ11の科目の法律から多種多様な問題が出ますので、合格をしようとするなら、1年近くの受験勉強が必須であります。
基本的に公認会計士試験の特色に関しては、点数が全てを決める試験法となっており、資格合格者の総数を先立って設けていないため、言ってしまえば試験問題の難易度の度合いが、ありのまま合格率に現れます。

高度な専門性を持った試験の内容ですから、難易度がスゴク高度でありますけれど、元来税理士試験におきましては、科目ごとの合格システムを設けているので、個々の科目ごと5年にわたり合格をしていっても、支障はない試験なんです。
司法試験と同じ勉強法でおこなうケースだと、新たな司法書士試験専業受験者と比べまして、勉強にかける量が大量になりやすい傾向です。その上満足のいく成果は見られず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
無論のこと独学スタイルで、合格を得るといいますのは、可能であります。さりとて、公認会計士資格は10人挑んでも、1名も受からないこともあるとっても難しい試験といわれております。勝利を得るには、早期に正しい勉強の仕方・コツをマスターするべきです。
実際に難易度がスゴク高い資格の試験であっても、各々1回1回別に受験するといったこともできることによって、それも関係し税理士試験につきましては、毎年毎年5万人強が受験に挑戦する、受かりづらい試験なのです。
通常公認会計士試験を受けようとする際には、これといった受験資格というものはなくて、学歴に関しては条件にありません。今に至るまで、例え法律に関しての勉強をした経験があらずとも、知名度のあるような学校を卒業しておらずとも、公認会計士の資格取得はできます。

言うまでもなく税理士試験をはじめから独学で挑むことは、めちゃくちゃ高難度なことであるのですが、それでも挑んでみたいと思っているという人は、最初に会計の科目の勉強から手を付けるといいのでは。
これまで法律関係の知識がないのに、短期の間で公認会計士試験合格を実現する方たちもいます。彼らの過半数以上に同様に共通している点は、本人にピッタリの「能率的な勉強法」を見極めることが出来たことです。
現に法科大学院の修了者であろうと、不合格となってしまうことがありえるほどなので、要点をとらえた効率のいい勉強法を計算して挑戦しなければ、公認会計士試験合格を実現するということはメチャクチャ大変でしょう。
原則的に税理士試験は、生半可なものじゃないです。毎年合格率は、10%ちょっとです。とは言え、一回だけの試験ではあらず、長期間かけて合格を得ようとするならば、言うほど困難なことではないと思います。
いかなる参考書にて勉強に取り組むのかといったことよりも、いかような勉強法を取り入れ取り掛かるかということの方が、明らかに公認会計士試験を通るためには重要なポイントです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全て独学での公認会計士資格... | トップ | 一般的に公認会計士試験を独... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL