最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

2006年度から…。

2017-05-18 02:10:01 | 日記

難易度が厳しい国家資格試験ですが、各科目毎その時その時に受験することも出来るので、それ故公認会計士試験は、例年5万を超える人が受験申込みする、人気が高い試験なんです。
一般的に大多数の受験者は、名高い会社であるため安心といった、安易で説得力に欠ける理由を挙げ、通信教育を選びがちです。だけど、それでは高い難易度を誇る公認会計士に、合格できるわけがありません。
現実的に科目合格制という制度となっておりますので、公認会計士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験しやすいのだけれども、ところが受験に費やす時間が長くなってしまう印象があります。ですから、先輩たちのやってきた勉強法に取り組むことも重要です。
現実的に合格率の数値は、公認会計士の試験の難易度状況を示す顕著なモノサシの一つなのですが、昨今、この数値が大分ダウンしており、受験生たちに大きな関心をもたれています。
このインターネットサイト上では、公認会計士用の通信講座(通信教育)を、満足のいくように選択できるように、中立的な立場でジャッジできる役に立つデータを様々揃えております。そうしてそれをベースに本人が選んでいってください。

実際法務専門の法科大学院を卒業した経験者でも、合格できないことがあるわけですので、つぼを押さえた効率良い勉強法を計算して本気で臨まないと、公認会計士資格試験合格実現は手ごわいでしょう。
事実「法をベースに考えることが可能な人物」であるかないかを見定められているみたいな、かなり難易度の高い資格試験になってきているのが、ここ最近の公認会計士試験の現実の姿と受け止めています。
公認会計士を対象とする通信講座で、一際お薦めしたいのは、合格実績が高いLEC です。講座で使用するオリジナルテキストにつきましては、公認会計士受験生間にて、非常に使い勝手の良いテキスト書だと高く評価されております。
社会人として働きながらも、公認会計士を狙う方も多くおられるかと思いますから、自分自身の実施できることを空いた時間に毎日コツコツ積み重ね取り組み続けるというのが、公認会計士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
一般的に公認会計士試験につきましては、公認会計士の地位で仕事にするために必要とされる深い知識、及びそれに対しての実力や才能の有無を、見ることを目指し、年に1度受験できる超難関の法律系国家試験です。

公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、専門知識が要求される業務を担う、公認会計士と公認会計士でありますけれど、どちらの難易度が高いかといえば公認会計士の方が一段と壁が高くて、そうして取り扱う業務内容にも、いくらか相違点が存在しています。
2006年度から、公認会計士試験の出題問題は、様々に改定がされました。従前と異なる点は法令科目が、重要視され、択一式の試験問題や、40字程度の記述式の問題というようなこれまでになかった形式の問題もお目見えしました。
色々利点がある、公認会計士専門予備校通学においての能率的な勉強法ですけど、数十万円という一定レベルの代金が必須ですから、希望しても誰もが皆通学できるというわけにはいきません。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、これまでの学歴は全く不問です。これまで、法律についての勉強を何もしたことが無くとも、知名度が高い大学を出ていない場合でも、公認会計士の資格は取得可能となっています。
実際に日商簿記資格1級や2級をたった一人の力で独学で、合格を勝ち取った受験者なら、公認会計士試験におきまして簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に対しては、ある程度慣れているから独学で合格を目指すといったことも、決して難しいことではないと思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家試験の公認会計士試験に... | トップ | 大学で法律を専攻していなく... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL