最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

繰り返し演習問題でよく理解し基礎的な部分をしっかり身に付けた後…。

2017-05-03 15:30:03 | 日記

基本的に消費税法に関しては、公認会計士試験科目内では、あまり難易度は厳しくなく、簿記の基礎の学識をマスターしておいたら、他よりも難度も低く簡単に、合格点数のボーダーを越すことができる可能性が高いです。
繰り返し演習問題でよく理解し基礎的な部分をしっかり身に付けた後、具体的な学習問題へと変えていく、模範的な勉強法を実行するのが、公認会計士試験の内におけます必須科目である簿記論の為には、非常に有用とされています。
実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、約1.75%と公表されています。近ごろ、法律専門研究の法科大学院というところができ、その学校のカリキュラムを終了することになれば、新司法試験を受験することが可能な資格が授与されます。
兼ねてから、全くの法律知識ゼロからスタートして、公認会計士試験合格に確保すべき勉強の時間は、大体「3000時間強」と周知されています。現実確かに、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、平均的に3000時間となっております。
公認会計士試験の受験勉強をする上では、集中する力を維持することが難しく感じたり、モチベーションアップが苦しいというようなBADな要素も見られたわけでありますが、総合的に見たら通信講座を受けて、合格への道が切り開けたと感じています。

前は公認会計士試験の受験は、他の資格と比べてゲットしやすい資格などと知られておりましたけど、近年におきましてはすっごく難易度が上がっていて、超合格が出来ない資格と言われています。
公認会計士向けの通信講座にて、第一にイチオシなのは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。取り扱っている教本は、多くの公認会計士受験者の中で、最も優れたテキストブックとしてとても好評であります。
基本公認会計士試験は、高難度の国家資格試験となっているんで、まず専門の資格学校に頼った方が、間違いないといえます。しかし、全部独学でしてもそれぞれの人によって、とても上手くいくなんていった事柄もあったりするようです。
実際送られてきたDVD映像や、教本を利用しての勉強のやり方に、多少不安になってしまうのですが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、公認会計士国家資格を獲得した方もいっぱいおりますし、独学で行うよりかは、まだマシというように感じています。
公認会計士については、もしわざわざ専門学校に通わず独学であっても合格を実現できる国家資格の一つでございます。確かに、会社員として勤務している人がやる気を出して励む法律系国家資格としては可能性大でございますけど、その反面難易度も高いレベルであります。

実際に公認会計士試験におきましては、受験制限もなく、過去を遡った学歴なんかは限定されておりません。その為、それまで、もしも法律の事柄を勉強を一度もやったことが無いようでも、頭の良い学校卒業の学歴がないケースでも、そんなことは関係なく公認会計士資格取得はできます。
一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率につきましては、10%位と、難しい試験とされているにしては、高めの合格率が出ております。されど、初めてのチャレンジで合格できるのは、可能性がほぼゼロということがわかっています。
公認会計士資格を取得して、そう遠くない将来「自力で挑戦したい」とのような積極果敢な想いがある人ならば、どんだけ公認会計士の難易度の加減が物凄く高いようでも、その大波も確かに踏み越えることが可能だと思われます。
輪にかけて難しいと広く知られております公認会計士試験の難易度の水準は、極めてキツイ様子で、例年の合格率もたった2〜3%少々と、日本の国家資格の中でも、上位の難関系試験とされております。
今日び、通学して講座を受けているという人たちと、特段変わらないような試験勉強をすることが可能です。そちらの点を現実に可能にしますのが、今となりましては公認会計士試験対策の通信講座のメジャーな教材と言われておりますDVD教材です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長期間にわたる公認会計士試... | トップ | 門戸が狭いという風によく言... »

日記」カテゴリの最新記事