最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

無制限に無い限りある時間を有効に活用し…。

2017-05-18 22:40:01 | 日記

税金について定められている消費税法は、公認会計士試験科目内では、そんなにも難易度は高くなっておらず、初歩的な簿記の知識からしっかり持っておけば、他よりもイージーに、合格判定を得ることが可能といえます。
無制限に無い限りある時間を有効に活用し、勉強を進めることが可能であるので、会社通勤あるいは家事などと諸々両立して公認会計士資格の取得を志そうと考えがある受験生には、通信講座を受講するというのは、特に有効でございます。
通常5科目合格を叶えるまでに、長期間かかる公認会計士資格取得の試験では、常に勉強をやり続けられる環境が存在するかしないかといったことが、合格への大事な要素となり、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、まさにそういった部分が言えるのではないでしょうか。
実際に、公認会計士試験に全て独学にて合格を志すのは、難易度が高いという現実を踏まえておくように。それは合格率が絶対に10%に到達しない結果をみるだけでも、簡単に想像できるはずであります。
学習する時間が連日存分にあるという人でしたら、模範的な勉強法をやり続けることにより、公認会計士試験をパスすることも有り得ますが、何かと多忙を極めている人にとりましては、確実な術ではないでしょう。

スクールでの通学講座と通信講座を順番に申込可能である、CMでも有名な「資格の大原」は、クオリティの高いテキストブックと、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、公認会計士資格合格者の半分の人数の成果を出す輝かしい実績を誇ります。
輪にかけて難しいと広く知られております公認会計士試験の難易度の程度は、大層高めで、例年の合格率も約2〜3パーセントと、国家資格内でも、上位を誇っている難関系試験とされております。
法律系の大学卒業の資格がないといけない必要も、過去に実務経験無しでも公認会計士の資格を取得することはできますが、けれどもそれだけ一切独学で取り組むという人なら、勉強時間もマストなことです。私自身も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、そのことを思い知らされています。
実際現在の公認会計士においては、とっても難易度が高度な試験となっており、いずれの通信教育を選ぶかによって、合格への道が決まるものです。ですが、種々の会社が見られ、どちらをセレクトすると確実か、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
実際に公認会計士試験は、壁が高いと認識されている、法律系国家資格の1つ。ここのサイトでは、目的の公認会計士試験に必ずや合格するための効率的な勉強法・コツなどを、私の合格実現までの体験記を基とし詳しく書いていきます。

実際完全に独学で、合格を叶えるといったことは、不可能なことではございません。さりとて、公認会計士試験は10人チャレンジしても、たった1人も合格できない超難易度の高い試験とされています。資格を取得するためには、確実な勉強スタイル・術を習得しなければいけません。
わかりやすく言いますと公認会計士試験は、公認会計士の資格を保有するのに必ず要る深い知識、及びそれを現場で活かせる力量の有りOR無しを、審判することを基本目的として、実行する難易度の高い国家試験です。
すでに日商簿記2級や1級の資格を完全独学で、合格を実現された方であれば、公認会計士試験においての簿記論・財務諸表論の2種教科だけは、同じく完全独学で合格を叶えるのも、決して難しいというわけではないかも。
実際送られてきたDVD映像や、教科書を見る勉強アプローチに、多少不安感を持っているわけですが、過去に通信講座オンリーで、公認会計士の資格取得を実現している先駆者も大勢いますし、それ故独学スタイルよりは、ベターなのではと考えております。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして思考でモノを考えられる者」であるかそうではないのかということを選別するような、大分難易度アップの試験にチェンジしてきたのが、今の公認会計士試験のリアルな現実ではないかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前から…。 | トップ | 実際くらしの法律専門家とし... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL