最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

通常公認会計士試験は…。

2017-05-14 18:10:02 | 日記

合格者の合格率7%に満たないと、公認会計士試験は非常にハードな難易度の難関の試験といえます。しかし、それを必要以上臆する必要はありません。必死に頑張り続ければ、どんな人でも絶対合格をゲットすることはできるのです。
公認会計士の国家試験の制度の改定において、それまでの運・不運による賭け事的な点が全てなくなって、実際に器量があるか否かがジャッジされる試験として、現在の公認会計士試験は新たに更改したのであります。
勿論、公認会計士試験については、中途半端な取り組みであったら良い結果が生まれない、困難な試験だというように強く思います。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を効率良く&集中して使い勉強した受験者が、合格への道が開ける試験なんです。
現実的に法科大学院を修了したスキルを持つ人だろうと、不合格になるといったことが無いわけはないので、ツボを押さえた効果的な勉強法を考慮しトライしなければ、公認会計士の試験に合格をするのはハードとなるでしょう。
平成18年度に入ってから、公認会計士試験の内容は、色々変わりました。新たに法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、多肢択一タイプの問題とか、40字記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も登場し出しました。

普通、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を狙うのは、容易なことではないという現実を踏まえておくように。それにつきましては合格率がずっと10%に届くことがない状況となっていることからも、まざまざと認識することができるでしょう。
私自身公認会計士試験の勉強を進める中では、集中力が継続し辛かったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが難儀だったり等とウィークポイントも経験しましたが、全体的に見て通信講座をセレクトして、合格することができたと判断しています。
国家資格取得試験の公認会計士試験の合格率の値は、10%位と、狭き門と言われているにしては、高めの合格率となっています。けれど、一回目の試験で合格を叶えられるのは、可能性がほぼゼロというのが現実のようです。
現実的に毎年、2、3万人辺りが試験を受け、そのうちの600人から900人位しか、合格することができません。その点をピックアップしても、公認会計士試験の難易度の高さがわかってしまいます。
試験に合格することが出来ない時の、学習を行う合計時間のリスク面を見ると、公認会計士資格取得の受験に関しましてはスクールの通信講座、それともまた学校に行って授業を受講する通学講座を選択すると言うのが、安全性アリだろうと思っています。

通常公認会計士試験は、1つの科目で2時間に限ってしか受験の時間がないです。決められたタイムリミット内で、ミス無く合格点をゲットしなければいけないから、当たり前ながら素早さは要求されるといえます。
簿記論の教科に関しましては、覚えなければいけない量は沢山ございますけれども、100%の割合で計算問題が主要で出されるので、公認会計士は割りと独学で挑戦したとしましても、理解しやすい部類の科目に当たるのです。
通常例題で理解度をアップし土台をつくってから、実用に基く応用問題に切り替える、古典的な勉強法をやっていくのが、いざ公認会計士試験の会計科目の簿記論におきましては、とても有効なようです。
当ホームページでは、公認会計士を対象とする通信教育を、間違いなくセレクトすることができるように、客観的な視点で判定できる内容を様々揃えております。そうしてそれをベースに本人が選択しましょう。
今諸君が、高難度の公認会計士のリアルな合格体験ブログなどを、沢山情報を探し回って読まれている目的は、大抵、いかなる勉強法が己に最適であるのか、考えあぐねているからでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 必須教科の5科目に合格する... | トップ | 法令系の国家資格であって…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL