最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

以前は合格率が10%ぐらいを保っていた公認会計士試験でございましたけれども…。

2017-06-16 20:30:01 | 日記

法令の知識を大学で勉強していなくても、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士の国家資格はとれるものですが、ともあれ全部独学というケースは、相当な学習量も絶対に必須でございます。小生も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、深く感じています。
実際に税理士試験の勉強をやる上におきましては、集中力が継続し辛かったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが困難だったりなどの弱点も色々ありましたけれども、全体を通して通信講座をやって、合格することができたと感じています。
一般的に全ての必須科目の平均での合格率は、おおよそ10〜12%で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が高めに思ってしまうかもしれませんが、これに関しましてはそれぞれの科目の合格率であって、税理士試験をひとまとめにした合格率ではないのです。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、長きにわたってしまう税理士試験では、学習を継続することが出来る安定した環境が、決め手で、通信教育のコースにつきましては、一際その点があげられます。
科目ごとの合格者の合格率は、大方10%程度と、各科目とも難易度のレベルが高い水準の税理士試験は、科目合格制となっておりますため、会社で働きながら合格することも現実にできる、資格といえるでしょう。

世の中的に公認会計士においては、法律上の資格試験の難関でありながら、各世代に注目を集めている中、合格をゲットした将来には、自分で事務所などをイチから構え、フリーで開業することも選べる法律系国家資格試験となっております。
現下、あるいはこの先、公認会計士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で試験を受ける受験生たちのために作成を行った、便利なコンテンツサイトとなっております。ページ内には合格を獲得する為の掴んでおきたいコツであったりまた、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等を展開しております。
合格率のパーセンテージがおおよそ7%というと、公認会計士資格試験はかなり難易度が高く難関そうにみえるけれども、基準点の合計60%以上の試験問題がちゃんと正解することができたなら、合格を獲得することは確かとなるといえます。
以前は合格率が10%ぐらいを保っていた公認会計士試験でございましたけれども、今現在、1割以下の率で滞っています。合格率が一桁でありますと、高い難易度の難関国家資格として、把握されます。
司法書士を対象とする通信講座で、殊に推奨したいのは、高い合格実績を誇るLEC です。使っているテキストブックは、司法書士の受験生の中で、最良のテキストブックとして評判となっています。

現実司法試験と等しい勉強法で実行するのは、事前知識の無い司法書士試験だけの受験生に比べ、合計の勉強量がものすごくなりがち。それだけでなく妥当な結果には至らず、コストパフォーマンスが低いです
実践で「法律学的に思考が出来る人物」なのかどうかを見極めるような、著しく難易度が厳しい受験に進化しているのが、ここ数年の公認会計士試験のリアルな現状というように思います。
現実会計事務所やもしくは税理士事務所に勤め、現場で実戦経験を増やしながら、確実に勉強していくとした方は、通信講座の選択がおススメといえます。
一流の教師の方からいつでもアドバイスを受けることができる予備校通学の長所は、そそられますが、長期間積極性さえ持続できたならば、税理士の通信教育での学習によって、充分に実力を身につけることができるのではないでしょうか。
どういった問題集を使って会得するのかなどということよりも、どんなタイプの効率の良い勉強法でガンバルのかという方が、明白に公認会計士試験で合格を得るためには肝要になるのです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな種類の問題集を使って... | トップ | 世間一般的に公認会計士につ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL