最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いかなる参考書にて学習に励むか以上に…。

2017-10-18 04:10:01 | 日記

いかなる参考書にて学習に励むか以上に、どんなタイプの効率いい勉強法で臨むのかということの方が、明らかに公認会計士試験を乗りきるには重要視されます。
事実、公認会計士試験は、高い難易度を誇る国家資格取得の試験とされておりますので、とりあえず公認会計士対象の専門学校に頼った方が、確実に無難かと思われます。さりとて、全て独学でやっても各個人によって、非常にスムーズに行くというような実例もよくあります。
ここ何年かいつも、公認会計士試験の事実上の合格率の数字は、約2〜3%辺りとされます。勉強に費やす合計時間との双方のバランス加減に着目しますと、公認会計士の国家資格取得試験がどれ程難関となってるかご想像いただけるかと思われます。
メリットと思える点が多い、公認会計士の資格予備校に通っての勉強法でありますが、その分数十万円以上の一定レベルの投資額が必須ですから、受験する人が全員入学できるというわけにはいきません。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、会社を運営していくには、決して欠かすことの出来ない基礎知識となっています。ですが、内容のボリュームが膨大であるため、受験する人たちの間では公認会計士試験の最大の壁という風に言われます。

受講代金が少なくとも30万円以上、あるいは50数万円も負担しなければいけない、公認会計士向けの通信講座などもさほど珍しくありません。これに関しましては受講スパンも、1年以上続く長い期間の講座コースを設けられていることが、普通にあります。
専門学校の公認会計士を対象としている講座を受けて勉強したいのですけれども、そばに専門学校ゼロ、仕事が忙し過ぎる、学校に行くような時間を確保できないという方たちに対して、多くのスクールにおいては、好きな時間に勉強すればよい通信講座を用意しております。
これまで法律知識ゼロにも関わらず、短期集中で公認会計士試験に合格するという強者も多くいます。彼らの過半数以上にある共通される事柄は、自分自身に相応しい「質の高い勉強法」を選ぶことができたことといえます。
100パーセント独学でやり通したい気持ちもわかるけど、日々のスケジュール調整であったり学習法などに、ちょっぴり不安を感じてしまうというような際であれば、公認会計士試験対象の通信講座で学ぶというのも、一つのスタイルかと思います。
日商簿記検定で1級または2級を完全に独学にて、合格を勝ち取った受験者なら、公認会計士試験の中の簿記論とか財務諸表論の2つの教科に限るなら、ある程度慣れているから独学で合格を得るというのも、不可能なことではないのではないでしょうか。

一般的に公認会計士試験は、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、過去の学歴云々は条件に入っていません。それ故、従前に、法律に関しましての勉強を1回もしたことがないような方でも、名の通ったいい大学卒業の学歴を持っていないようでも、公認会計士の資格取得はできます。
先々資格試験に向けて試験の勉強をし始めるといった方は、「公認会計士試験においては、何時間ほどの学習時間を確保したならば合格できるのか?」というのは、大いに気になる所だと思われます。
難易度が厳しい国家資格試験ですが、1つの科目ごとに分けて受験することが可能であるから、故に公認会計士試験は、いつも約5万人の受験生が受験を申込する、資格試験です。
今や合格率7%未満と、公認会計士試験は他の国家資格以上に高難易度の試験となっています。しかしながら、むやみに恐れなくても良いです。全力を注げば、あなたも着実に合格を勝ち取ることが出来ます!
一口に言って試験での点数には「足切り点」といいます門前払いのシステムが、公認会計士試験においてはあります。簡潔に言えば、「範囲内の点数を超えなければ、落ちてしまいますよ」とされます境界の点数がはじめに設定されているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近ごろ司法書士の通信講座の... | トップ | 目下…。 »

日記」カテゴリの最新記事