最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

現に…。

2017-08-09 13:00:01 | 日記

実際に会計科目の簿記論は、ボリューム量は沢山ございますけれども、大抵全て計算する問題にて構成がなされているため、公認会計士に合格するには他の国家資格と比べても、オール独学であっても、身に付けやすい専門科目となっています。
通信講座が学べる専門スクールも勉強の方法も多様に取り揃っております。その事から、とても多くの公認会計士向けに開催されている講座の中から、多忙な方であっても効率的に学ぶことが出来る、通信講座を持っているスクールを見比べてみました。
公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、深い知識・経験を要する業務を遂行する、公認会計士はじめ公認会計士ですが、難易度のレベルは公認会計士の方がハードで、さらに活動内容にも、いくらか相違点が存在しています。
事実「法をベースにモノの見方が備わっている方」であるかそうではないのかということを選別するような、相当難易度の上がった試験としていわれているのが、ここ数年の公認会計士試験の現実の姿というように思います。
現実的に毎年、約2・3万人が受験に臨み、その中の600人〜最高900人前後程度しか、合格を得られません。その1点に目を向けても、公認会計士試験の難易度レベルが高度であることがわかってしまいます。

実際公認会計士試験に関しては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの指定はないですから、どなたであろうとも資格を得ることを目指せます。しかも法律の詳細な知識・情報がゼロの初心者であろうと、適切な受験勉強を実行することで、合格が狙えるといっても過言ではありません。
大半の予備校や資格学校では、公認会計士になるための通信教育があるものです。またその中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、流行の最先端を取り入れた通信教育を受けることができる、予備校や資格学校もいくつか存在しています。
現に、公認会計士資格をとろうとするケースにおいては、たった一人の力で独学にて合格実現を目指す人が少数となっていることもあり、別の試験と比べてみますと、使える市販教材もそれ程、出版されていません。
一般的に公認会計士試験は、レベルが高い法律系国家試験ですから、経験豊富な教師陣が揃った予備校に行くようにした方が、リスクを避けられます。と言っても、何もかもすべて独学で貫こうと人により、スゴク効率があるなんてこともあるものです。
事実公認会計士に関しましては、平均の合格率が約6%少々という統計が出ており、事務系の公的資格としましては、難関といわれている資格と考えられます。ですけど、全問題中60%以上正解になれば、絶対に合格実現できます。

法律で平成18年より、公認会計士試験の問題内容は、様々に改正が実施されました。それまでよりも法令科目が、重要視され、多肢選択方式の問題やまた、記述式問題(小論文)のような今までには見られなかった新傾向問題も出されています。
試験に合格することが出来ない時の、学習する合計時間数のリスキーな点を考えると、公認会計士資格の取得試験に関しては専門学校の通信講座、それともまた直接の通学講座をセレクトするのが、より安心と言えそうです。
公認会計士資格を取得して、そのうち「独力で挑みたい」というような大きな志がある受験者でありましたら、もし公認会計士の資格試験の難易度が相当高くても、その大壁さえもきっとクリアできるでしょう。
世間的に公認会計士の資格取得は、法律による資格試験の狭き門ながら、いろんな歳の方達に人気が集まっている一方で、合格・資格取得後には、自分で事務所などを作って、自営で開業することも実現可能な法律系認定試験といわれています。
先々資格を得るために受験の勉強をし始めるといった方は、「公認会計士試験については、どれ程の勉強時間を堅持したら合格をゲットできるのか?」というのは、チェックしておきたい点だと推察します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オール独学で公認会計士試験... | トップ | 最初から会計事務所だとか公... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL