最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

原則的に公認会計士試験をオール独学で貫くというのは…。

2017-05-19 17:30:01 | 日記

長い時間を要する公認会計士試験の学習は、集中力が長く続かなかったり、同じ精神状態を保つことが苦しいというようなデメリットな部分も存在しましたが、総合的に見たら通信講座を受講して、満足できたように思えます。
原則的に公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、めちゃくちゃ高難度なことであるのですが、独学で挑戦しようと思われているような方は、ひとまず会計分野の科目勉強から挑むとベターでしょう。
税制の消費税法は、公認会計士試験科目の中では、それほどにも難易度は高めに設定されておらずに、簿記の基礎知識をバッチリ認識していたら、割り方容易く、合格するのに必要な6割以上の点数をとることができる可能性が高いです。
当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を叶えるといったことは、できないことではありません。さりとて、公認会計士に関しては10人受けたとして、誰も受からない高難易度の国家試験。見事突破するためには、高精度の学習ノウハウを入手することが欠かせません。
一般的に合格率の値は、公認会計士の受験の難易度のレベルをチェックする明白な指標のひとつとなっていますが、この頃は、この率が明らかに落ち込んできていて、受験生の皆さんの関心が深くなっています。

実際に通信教育におきましては、テキストはじめ教材全体の質が大きく影響します。現在はDVDだったりオンライン動画配信などの映像を使った講座も多様にあるわけですが、それぞれの公認会計士の資格取得スクールによって、教育内容は大きく異なっています。
基本的に通信教育の講座では、公認会計士試験に絞った対応措置を必要な分まとめ上げた、公認会計士資格専用の教材が揃えられておりますから、オール独学より学び方が身につけやすく、勉強に取り組みやすいはずです。
安めの価格設定、問題が出題される範囲を絞って、勉強量を削減した学習システム、高品質の教材セット等が好評の高合格率を誇るフォーサイト。公認会計士対象の通信講座と言えば名前が一番に挙がる、とされているくらい、人気が集まっております。
要領の悪い勉強法を取り入れて、ハードな道に行ってしまうことほど、もったいないことはないです。是が非でも最も良いスタイルで短期間にて合格を手にして、夢の公認会計士の道を切り開きましょう。
公認会計士の簿記論に関しては、情報のボリュームは実に多々ですが、百発百中で計算問題が主要にて出されるため、公認会計士は割りと独学で取り組んだとしても、身につけやすいカテゴリーの試験科目といわれております。

国家試験制度の改定実施において、これまでの運任せの賭け事的要素が一切なくなり、事実上スキルあり・なしの力量がチェックされる登竜門的な試験へと、公認会計士試験の中身は刷新したのです。
司法試験と一緒の勉強法で行うのは、新参の公認会計士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、総勉強量が大量になりやすい傾向です。そればかりか妥当な結果は生じず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
事実法科大学院で学業を修めた方でも、不合格の結果となることがままありますので、つぼを押さえた合理的な勉強法を計算してチャレンジしなければ、公認会計士試験に合格するのはメチャクチャ大変でしょう。
最初からずっと独学でやり通したい気持ちもわかるけど、試験までの日程管理及び勉強のやり方等に、懸念するようなときには、公認会計士試験を対象としている通信講座に頼るのも、1案といえるでしょう。
結論から述べると、現実的に全て独学であれど、キチンと、公認会計士のお仕事に関しまして知ることができたなら、資格を手に入れることはできるのです。さりとて、そうするためには結構、長期間にわたることが要必須であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際授業を受けられます予備... | トップ | 平成18年度に入ってから…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL