最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

言ってしまえば独学しようとも…。

2017-06-18 02:50:01 | 日記

誰にも頼らず独学での公認会計士を目指す勉強法を決定する場合に、殊更障壁となり得るのは、勉強途中に疑問と感じることが見つかった時点で、質問をすることが不可能なことです。
司法試験と同じような勉強法でおこなうケースだと、未経験の公認会計士試験オンリーの受験生に比べ、勉強を行う総量が多くなりがちです。それだけでなく満足できる結果は得られず、コスパが低くなっています。
いずれの参考書にてマスターするのかなんてことよりも、どんな種類の勉強法を取り入れ臨むのかという方が、格段に公認会計士試験で合格のためには大切だと考えられます
只今多くの皆様方が、公認会計士の受験・合格体験記録などのものを、様々インターネット等でご覧になっている要因は、おそらく、どういう勉強法があなたに最適であるのか、思案しているからでしょう。
実際に9月位から、次年度の公認会計士試験対象に準備を開始し出すなんて方々も、いっぱいいらっしゃるでしょう。1年以上続いていく試験の勉強では、己に最善な勉強法を探し出す創造性も求められます。

現実国家資格の中でも、難易度が高いことを誇る公認会計士でございますが、けれども合格できるまでの経路が容易ではないほどに、いよいよ資格を取得した以後は人材の受け入れ先の多さや年収増、かつまた社会的身分の高い立ち居地を持つことが出来る現実も近づきます。
実際現在の公認会計士においては、物凄く難易度高の試験内容になっており、通信教育のセレクト方法で、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。とは言っても、多くの業者があり、一体どの会社に決めるといいものか、皆さん迷われるようです。
普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、公認会計士の資格を目指す人も中にはおられるとお見受けしますので、本人の進められることを毎日ずっと欠かさず続けていくといったことが、公認会計士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
公認会計士の国家試験の制度の改定と同時に、かつての運次第の賭け事的な点が取り払われ、極めて実力を持っているのかということをジャッジされる実力第一の試験へと、公認会計士試験は一新したのです。
法律系の学部を専攻しておらずとも、またかつ全くの素人であろうと公認会計士にはなれるものですけれども、それだけに独学スタイルなら、学習時間も必ず求められます。当方も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、心の底から感じております。

言ってしまえば独学しようとも、キッチリ満遍なく、公認会計士の担う働きにつきまして認識できるものならば、資格を有することは可能となります。ただし、そのようにするためには非常に、長い勉強時間を持つことが必須です。
現実的に公認会計士試験につきましては、生易しい試験ではございません。合格率の数値は、僅か1割前後。とは言え、一回に限った試験で挑むのではなく、5年間くらいかけて合格を目指す計画でしたら、取り立てて大変なことではないでしょう。
100パーセント独学でやり通したい気持ちもわかるけど、勉強にあてる時間の管理や受験勉強の方法などに、心配が生じる等々の際は、公認会計士試験用の通信講座(通信教育)を受講するのも、1つのパターンだと思われます。
簿記論科目においては、理解するべき内容は数多いですけど、全体的に計算を必要とする問題でつくられているので、公認会計士にとっては、割合オール独学であっても、身に付けやすい試験科目内容とされています。
今日びの公認会計士試験に関しましては、現実的には筆記による試験だけしかこなさなくてよいと、思っていて構わないといえます。その理由は、口述形式の試験は、ほとんどの場合不合格扱いにならない難しくない試験とされているためです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本的に通信教育の講座では…。 | トップ | 将来資格取得に向けて学習に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL