最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実を言いますと…。

2017-05-17 08:20:05 | 日記

一口に言って「足切り点」(足切り最低点)という受験のシステムが、公認会計士試験には存在します。要するに、「規準点に届いていないと、通過できずに不合格となりますよ」とした点数が設けられているのです。
必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年がかりとなる公認会計士の難関試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が維持できるかどうかが、大きなキーポイントであり、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、一段とそういった事柄が影響してきます。
現在数多くの方々が、公認会計士の合格への流れを記載した体験の覚書やらを、いっぱい探し求めてご覧になっている要因は、きっと、どんな勉強法・進め方がご自身に合っているのか、思案しているからでしょう。
通信教育である場合、公認会計士試験に向けて専門の対策を完全にとりまとめた、受験向けの教材がつくられていますので、独学するよりも学び方が掴みやすくって、勉強がやりやすいと断言します。
このHPは、現役バリバリの公認会計士が、公認会計士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法をアドバイスし、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の巷での評判、利用の感想などの情報を収集し、説明している情報サイトとなっております。

合格者が少ないと口々に伝えられている公認会計士試験の難易度状況は、すごく高いとされ、合格者の合格率もたった2〜3%少々と、国家資格内でも、トップクラスに入る桁違いの難関試験であります。
科目合格制が設けられております、公認会計士試験については、同じ時に一度で、5種の科目を受験することは必須ではなく、1教科ずつチャレンジしても良いということになっています。1回合格した科目は、公認会計士資格を獲得できるまで適用されます。
難易度の高い「理論暗記」はじめ公認会計士試験の効率良い勉強法、さらに頭脳を鍛える方法、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましてもオール調査!他暗記法の秘訣でありましたり、勉強を行う時に、貢献する&実践的な各種ツールを皆様に提供していきます。
実を言いますと、公認会計士資格をとろうとするケースにおいては、専門スクールに通わずに独学で合格実現を目指す人がかなり少ないということもありまして、これ以外の国家試験より、市販の学習テキストも全くと言っていいほど、つくられておりません。
現実的にレッスンを受講できるスクールかつ中身なども様々です。ここでは、色々な公認会計士を対象にしている講座内で、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも都合の良い時に勉強可能である、通信講座を催行している専門学校の比較をしました。

合格率3%くらいしかない難易度の高い、公認会計士試験合格を目指すには、オール独学での受験勉強のみで進めるのは、上手くいかない場合が色々あり、学校に通うかまたは、通信講座を受講して試験勉強するのが多数派となっております。
実際公認会計士試験を独学にて行うのは、著しく容易なことではありませんが、チャレンジしたいと思っている受験者は、最初に会計ジャンルの勉強からスタートしてみるとベターでしょう。
一般的に良質な演習問題にてより理解を高めて地ならしを行った上で、試験対策の全体問題演習へとレベルアップしていく、典型的な勉強法で進めるのが、公認会計士試験での簿記論マスターに関しては、効果が高いようでございます。
通信講座を受ける際は、公認会計士であっても公認会計士の資格でしても、どっちも受講者のお家まで教材関係全部を発送して貰うことができますので、自分自身の好きな時に、勉強に励むとしたことが可能であります。
やっぱり公認会計士試験に関しては、全身全霊を傾けないと合格への道が遠くなる、非常に厳しい試験だと受け止めております。空いた時間を効率的に費やし勉強に努力した人のみが、結果合格につながる試験なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オール独学で進めているけど…。 | トップ | 実際合格率約3%の門戸の狭... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL