最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

講義を収録したDVDや…。

2017-06-15 14:20:01 | 日記

現実的に公認会計士試験の目立った特徴を挙げると、定められた基準を軸に評価する試験で行われていて、資格合格者の総数をハナから決定付けていないから、言ってしまえば試験問題の難易度の基準が、明らかに合格率になって表れます。
大学で法律を専門に学ばなくても、ともに現場での経験をしたことが無くても公認会計士にはなれるものですけれども、しかしながら全て独学で行うならば、学習時間も相当要します。ちなみに私も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、それをかなり実感しております。
科目合格制が採用されている、公認会計士試験におきましては、1回に一気に、5分野の科目を受験する規則はなく、1回に1科目のみ受験することもOKとされています。1度合格点をクリアした科目は、公認会計士資格を得るまで有効なのです。
毎年合格率が約2・3%の超狭き門の、公認会計士試験で合格を実現するには、完全独学の学習だけで挑戦するというのは、スムーズに行かないことが沢山ありまして、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して試験勉強するのが一般的といえます。
専門学校の公認会計士の講座を受講したいけれど、近いエリアに専門学校ゼロ、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、家事などで学校に通学する暇がないなどの人を対象とし、それぞれの学校では、自分のペースで取り組める通信講座のサービスの提供を行っています。

現実的に、公認会計士試験に完全に独学で合格することは、簡単にできることではないという真実を先に確かめておきましょう。それは合格率が絶対に10%を超えることのない現実からも、目に見えて想像できるはずであります。
実際かかる費用が30万以上、コースによっては総額50万円以上である、公認会計士資格取得の通信講座というのもしばしば見かけます。これに関しましては受講スパンも、1〜2年の長きに渡るコースとなっている場合が、多くあります。
難しい「理論の暗記」を中心にして、公認会計士試験の勉強法のコツや頭脳の訓練、速聴・速読技術等についてもオール調査!その他にも上手い暗記のコツであるとか、勉強に、貢献する&実践的な各種ツールを様々に紹介いたします。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして考えることが可能な人物」であるかそうじゃないかを判別するような、めちゃくちゃ難易度の高い資格試験に進化しているのが、現在の公認会計士試験のリアルな現実と受け止めています。
講義を収録したDVDや、テキスト学習材での勉強の進め方に、少なからず気がかりを感じているのですが、実際通信講座を活用して、公認会計士資格取得を実現した先輩方も多くいらっしゃるし、独学する選択をとるよりも、まだマシというように感じています。

暮らしに役立つ法律家として、専門分野で活躍する公認会計士を受験する際、前提条件や資格は何も定められていません。基本受験したいと思えば誰もが皆さん挑戦することができるため、通信教育の中においても、老若男女問わず高人気の資格コースとされています。
難易度の高い資格試験と知られております公認会計士試験を受ける場合におきましては、ちょっとやそっとの努力なんかでは合格することはできません。かつ独学で合格を目指すのは、本気で取り組まなければいけません。ですがほんの少しでも手助けできる応援サイトになれば非常に幸いに思います。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、超難易度が厳しいとされる公認会計士なのですが、他よりも合格へ行き着くまでの道が困難極まりないからこそ、資格を勝ち取った将来には高いニーズや収入、加えて名誉ある地位を取得することができる可能性が高いのです。
受験制度の作り変えと同時に、従来の運・不運に振り回される博打的な不安要素が省かれ、極めて真の実力が備わっているのかが審判される高難度の試験へと、公認会計士試験は基本から作り直されました。
今諸君が、公認会計士の合格に至るまでの事細かな体験談などを、沢山見つけてチェックしている要因は、ほぼ、いかようなアプローチ・勉強法がご自分に効果的なのか、葛藤しているからでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なるべくリスクヘッジ…。 | トップ | 毎回…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL