最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

法律を専門に勉強しておらずとも…。

2017-08-05 12:30:00 | 日記

経理実務の個別論点に取り掛かり始めだしましたら、関連の練習問題に可能な範囲で何度も挑んで、問題に慣れる対策をとっておくという勉強法を採用するのも、公認会計士試験の中の簿記論対策に関してはとても実効性があります。
一般的に司法試験と類似した勉強法で行うのは、純粋にまっさらな公認会計士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強のボリュームが膨大になりやすいです。さらに期待した成果はあらわれず、コスパが低くなっています。
仮に日商簿記検定試験1・2級を誰にも頼らす独学で、見事合格されたといった人であるなら、いざ公認会計士試験の簿記論・財務諸表論の2種教科だけは、これもオール独学で合格を目指すといったことも、厳しいことではないといえます。
普通通信講座を選択する場合、公認会計士あるいは公認会計士でありましても、ともに受講者のお家まで教科書などを送って頂けるため、ご自分の限られた時間を有効活用して、習得するのが可能です。
中には30万以上、選択コースにより合計50万円以上する、公認会計士試験対策の通信講座なんぞも珍しいことではありません。これに関しましては受講スパンも、1年を過ぎる長期に及ぶ受講コースで組まれているといったことが、多くあります。

他の会社と比べて負担額が少なく、出題の範囲をセレクトし、学習ボリュームをカットしたカリキュラムづくり、優良な学習材などが受験生の間で人気となっておりますフォーサイト。公認会計士通信講座ならまずコレ!と言えるくらい、高い人気を誇っています。
はじめから会計事務所とか公認会計士事務所・公認会計士事務所などでの経験実績を積んでいきながら、マイペースで学ぼうという考えを持つ受験生は、通信講座の勉強法が最適だと言えます。
はじめから独学だけで勉強を行うという、十分な自信は持っておりませんが、もし自分のペースにてコツコツ学んでいきたいといった人でしたら、強いて言いますと公認会計士資格の通信講座を選択した方が、適した勉強法といえます。
実際に試験の演習問題で理解を深化させしっかり基礎を固めた後、実用的な応用問題へとスウィッチしていく、フツーの勉強法をやっていくのが、公認会計士試験を受験する際の会計科目の簿記論におきましては、かなり効果的みたいです。
正しくない勉強法で行い、合格への道まで遠回りすることほど、残念なことはありません。是非とも効果的なスタイルで短期集中で合格実現を果たし、念願の公認会計士の仕事に就こう。

法律を専門に勉強しておらずとも、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士の国家資格はとれるものですが、だからこそ全て独学で行うならば、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも絶対に大事。わたくし本人も最初から最後まで独学を貫き合格できたので、身をもって思います。
実際くらしの法律専門家として、様々な問題の解決などでサポートする役目を果たす公認会計士の受験において、必須資格や過去の学歴は不問とされております。基本受験したいと思えば誰もが皆さんチャレンジ可能なので、通信教育を提供している各会社でも、性別・年齢関係なく関心が向けられている法律資格でございます。
現実的に公認会計士試験の目立った特徴を挙げると、指標に基づき評価を行う試験が執り行なわれており、合格できる定員人数を前もって設定していないので、要するに試験全体の難易度自体が、直接合格率に大きく反映されることになります。
無論公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、著しく壁が高いものですけれども、そうであっても自力で貫きたいと思っている受験生は、第一に会計に属する科目をマスターすることから手を付けるようにしましょう。
一切独学で進めているけど、試験までの日程管理及び勉強の仕方などなど、気になる点が存在するなんて場合であったら、公認会計士試験に対応する通信講座を受講してみるのも、1つの進め方ではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日公認会計士の通信講座の... | トップ | 毎年全教科の標準の合格率に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL