最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

公認会計士につきましては…。

2017-06-02 06:50:00 | 日記

出来れば万が一に備える、安心できるように、入念に用心してという意味で、公認会計士試験にチャレンジする際に、専門予備校に行く方が安全策ではありますけれど、完全独学を選択する考えも構わないと思います。
そもそも通信教育は、教材の完成度が大きく影響します。今日ではDVDかつネット配信などの映像教材も豊富にございますけれども、個々の公認会計士のスクールごとにより、詳しい中身は差異があります。
昨今の公認会計士につきましては、全体的に合格率が6%程度としたデータがでており、事務系資格の中においては、ハードルが高い資格だと言えます。ただし、全問題中6割正しい解答が出来れば、必ず合格圏内に入ります。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方を並行して利用できる、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、満足のいくテキスト一式と、経験豊富な講師陣で、公認会計士試験合格者の二分の一の数を世に出すといった素晴らしい実績を残しております。
一般的に国家試験の公認会計士試験の合格者の合格率は、大体10%ほどと、難関試験とされている割には、国家資格内でも高い合格率を出しています。ただし、最初の一発で合格するのは、限りなく0%に近いということがわかっています。

生涯学習のユーキャンの公認会計士コースについては、毎年ざっと2万人ぐらいの受講申込があり、ほとんど知識が無いような素人だとしても、手堅く資格が取得できる実力を身に付けられる、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という受験のシステムが、公認会計士試験には存在しております。これはつまり、「必須点数を満たしていないケースですと、合格になりませんよ」という水準点が最初に設けられているわけです。
専門スキルの高い法律関係の内容で、難易度高ですが、されど公認会計士試験では、科目ごとの合格システムを採っているため、各科目毎5年の期間を費やして合格を得ていく方法も、認められている試験なのであります。
公認会計士につきましては、たとえたった一人で独学だったとしても合格を可能とすることができる資格であります。なかんずく現在、サラリーマン・OLなどの方が決心して努力する資格としましては可能性が高いわけですが、裏腹で難易度も相当高いものであります。
実際に独学での公認会計士を狙う勉強法を決定する場合に、まさに支障をきたすのは、勉強を行っている中で不明点が見つかった時に、回答を求めることができないということでしょう。

今日びの公認会計士試験に関しましては、現実的には筆記による試験だけしか無いというように、思っていいです。と言うのも、口頭試験につきましては、余程マズイことをしない限り不合格扱いにならない簡単な試験だからです。
中でも9月初旬から、次年度の公認会計士試験対象に取り組み始める受験者も、多くいらっしゃるのでは。おおよそ一年間に及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、自らに1番合った勉強法を見つける努力も重要です。
法令の消費税法に関しましては、公認会計士試験の主な科目の中におきましては、それほどにも難易度は高いものではなくて、簿記の知識を土台からキチンと把握していれば、割かし楽に、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能といえます。
実際に司法試験と似た勉強法でございますと、ゼロからの公認会計士試験専業の受験生と見比べて、合計の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。それのみか満足できる成果は無いに等しく、対費用効果が低くなります。
1教科ずつの合格率の数字に関しては、ほぼ1割強と、1教科1教科とも難易度が高度な公認会計士試験は、科目別合格制度でありますので、勤務しながら合格を現実にすることが可能な、資格といえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に合格率が10%以下と…。 | トップ | 実際に会計科目の簿記論は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL