最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

無論のこと独学スタイルで…。

2017-05-26 09:10:01 | 日記

実際合格者の合格率は、公認会計士試験の難易度具合が理解できる判断基準の一つでありますが、昨今、この%の数字が間違いなく下伸びで、受験生の皆さんに関心を持たれています。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験は非常にハードな難易度の試験となっています。とはいえ、あんまり恐れなくてもよいのです。効率的に勉強をしていくことで、どんな人でも必ず合格をゲットすることはできるのです。
国家資格の内でもケタが違う難易度といわれている公認会計士試験の概要は、憲法・民法などの11教科の法律からいろんな難題が出題されますから、合格に至るまでには、一年越しの勉強時間が要必須です。
元来通信教育(通信講座)は、教材そのものの品質が重要な肝です。今日びはDVDだったりオンライン動画配信などの映像での講座も豊富ですが、公認会計士の専門学校により、それらの内容に関しては違いがみられます。
イチから独学で公認会計士試験合格を狙うには、本人自身が効率的な勉強法をあみださなければいけないです。ともあれそのために、殊に最善なアプローチ法は、先陣の合格者がやった勉強法とそのまんま同じようにすること。

公認会計士試験に関しては、高い難易度を誇る国家試験といわれている試験なので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに足を運んだ方が、間違いないといえます。と言っても、独学で臨んだとしても人により、そのスタイルが最も効率的であるといったような事例もあるようです。
公認会計士試験で合格を勝ち取るには、手際の良い勉強法での進め方が、スゴク大事となります。このホームページでは、公認会計士試験の受験日程はじめお勧めの教科書のセレクト方法など、資格に挑む受験生にお役に立つ情報などを載せています。
毎年毎年、大よそ2万・3万人の受験者が挑戦し、その中の600人〜最高900人前後程度しか、合格が難しいです。その一面を見れば、公認会計士試験の難易度の高さがわかるものです。
無論のこと独学スタイルで、合格を得るといいますのは、無理ではありません。だけども、公認会計士試験は10人チャレンジしても、たった1人も合格できない高難易度の国家試験。そこを勝ち抜くには、効率的な学習法を確立する必要があります。
通常公認会計士試験を受けようとする際には、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、経歴は限定されておりません。ですので、今まで、法律についての勉強をした経験があらずとも、優秀な大学卒でなくとも、関係無しに公認会計士資格取得はできます。

わかりやすく言いますと公認会計士試験は、公認会計士の資格を得るのに必ず要る専門的な学識、かつそれについての応用力をしっかり身につけているかどうなのかを、判断することを1番の目的に、執行する超難関の法律系国家試験です。
少し前までは合格率約10%以上が通常になっていた公認会計士試験であったけれど、ここ数年は、一桁台にて停滞しております。合格率一桁のケースですと、難易度が高度な国家資格の中の一つとして、認められます。
基本公認会計士試験におきましては、壁が高いと認識されている、法律系の国家資格の内の1つです。こちらにおきましては、将来公認会計士試験に必ず合格するために把握しておくべき勉強法等を、受験経験者自身の合格に至るまでの体験話をまとめて様々記載していくつもりです。
法令系の国家資格であって、高い専門性を持つ職分の、公認会計士・公認会計士であるわけですが、難易度を比べますと公認会計士の方がハードで、さらに業務の中身にも、随分違いが見られます。
受講代金が少なくとも30万円以上、さもなくば50数万円も負担しなければいけない、公認会計士対象の通信講座も珍しいことではございません。これに関しましては受講スパンも、1年程度〜の長期間のカリキュラムとなっているケースが、多くあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実授業を受けられる専門の... | トップ | もともと科目合格制でござい... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL