最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

国家試験の公認会計士試験における合格率の数字は…。

2017-05-17 18:50:01 | 日記

通学式の講座と通信式での通信講座をミックスして申込可能である、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、優れた学習材と、加えて優秀な講師たちによって、長年公認会計士合格者の2分の1の成果を上げる信頼と実績があります。
法律を専門に学ぶ法科大学院卒でも、不合格となってしまうことがあるくらいなので、効率的な最善の勉強法を考えた上で全身全霊で頑張るようにしないと、公認会計士試験にて合格を果たすというのはメチャクチャ大変でしょう。
結論から言いますと、実際にオール独学でも、徹底的に、公認会計士の仕事について自分のものにできるんであったら、資格取得は不可能なことではないです。だけど、そうしようとするためには寝る間も惜しんで、長い学習時間を保持することが要必須であります。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制なので、公認会計士試験については、働いている社会人の人達も受験をしやすいのですが、とはいえ受験に向けて取り組む期間が長くなるということがよくあります。たくさんの諸先輩のGOODな勉強法を手本にすることを提案します。
実際に「法的な視点で考える力が備わっている人」であるかそうではないのかということを確かめるような、大変難易度の上がった試験になってきていますのが、現在の公認会計士試験の実態というように思います。

現実、公認会計士資格につきましては、専門学校に行かないで独学で合格をしようとする受験者が少数派といったこともあり、他にある法律系試験と照らし合わせると、使える市販教材もそれ程、売り出されておりません。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を得るといいますのは、できることといえます。だけども、公認会計士の資格試験は10人挑戦しても、合格者が0人のケースもあるハードルの高い試験といわれています。試験に通るためには、適格な学習スタイルをマスターするべきです。
くらしをサポートする法律家として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する公認会計士の試験を受ける時、学歴に関しましては必要有りません。どなたでも挑戦OKなので、通信教育のコースの中でも、性別かつ年齢関係ナシに支持を集める資格コースとされています。
資格をとって、将来いずれ「自分一人の力で前に進みたい」という確固たる意志がございます人であるなら、実際公認会計士の難易度が相当高くても、その大波も必ず打ち破ることが可能かと思います。
普通公認会計士試験というのは、年齢はじめ性別・学歴等の条件は決まっていないから、年齢に関係なく受験することが出来ます。それまで法律に関する詳しい知識・情報がゼロの初心者であろうと、確実な受験対策を実施するようにすれば、合格可能でございます。

確かに公認会計士試験の受験というのは、不十分な努力ですといい結果が出ない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。つまるところ費やすことができる貴重な時間を最大限に使って受験勉強したという方が、合格を手にすることができる実力本位の試験です。
公認会計士対象の通信講座として、どれよりも一番にお勧めの資格取得ツールは、合格実績が高いLEC です。使っている学習書は、公認会計士資格取得を目指す受験生の中で、1番使えるテキスト書だと評価が高いです。
一般的に毎年、大体2万名から3万名がチャレンジし、その中からたったの600人〜900人ほどしか、合格を獲得できません。その点に着目しましても、公認会計士試験の難易度の加減が認識できます。
合格が叶わず不合格になった際の、学習量・時間のリスク度合いを思うと、公認会計士資格の受験はスクールの通信講座、また通学授業コースを選択する方が、安全性アリと考えます。
国家試験の公認会計士試験における合格率の数字は、概ね1割と、高い難易度であるとよく言われているにしては、高めの合格率となっています。されど、1回で合格を可能にするのは、0%に限りなく近いということがわかっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼間サラリーマンとして勤務... | トップ | 2006年度から…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL